FC2ブログ
Powered By 画RSS
当ブログは大量なアダルトコンテンツを配信しております。
必ず年齢認証をお願いいたします。

18歳以上>     <18歳未満


まんこ・おまんこ・万子動画無料

【美少女動画】絶対的美少女JK無修正動画
【無修正動画】ドリルバイブ責めで理性崩壊

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レイプ動画】【xvideos】拘束された生意気黒ギャルを立ちバックでレイプファック!

【レイプ動画】【xvideos】真面目な新入社員が着衣のまま巨根にレイプされる

【レイプ動画】【xvideos】犯されてるのに可愛い声で喘ぎまくるスレンダー美乳姉さん

【レイプ動画】【xvideos】ギャル系姉さんが黒人のでか過ぎるチ●コをイラマチオさせられ涙目に・・・

【レイプ動画】【xvideos】時間を止めてセックスレスな人妻をハメまくる変態男

嫌がるギャル姉さんを拘束し欲望のままやりたい放題犯しまくる鬼畜集団

【レイプ動画】【xvideos】謎の組織に捕らわれたスレンダーギャルが両足拘束されて犯される

【レイプ動画】【xvideos】水泳コーチに無理やり犯され顔射レイプされるスク水美女


無料 無修正 盗撮 エロまんこレイプ動画 | 次ページ Page Top↑

カテゴリ

まんことは

まんことは、女性器の外陰部(女陰)を意味する日本の俗語。英語ではcunt、pussy、riseのスラングが相当する。現在では、女性器の外陰部(女陰)の名称として、関東地方を中心に日本の広い範囲で用いられている。接頭語「お」を付けて「おまんこ」と表現されることも多い。同等の語としては近畿地方で用いられている「おめこ」や「おちゃこ」等が挙げられる。 1921年に発行された『言泉』では、「まんこ」は陰門の小見出し扱いだった。しかし、現在では知名度が逆転し『広辞苑』第六版に収録された。また、『性的なことば』では、まんことの単語が全国区のものとなったのは比較的近年のことであり、1972年に大阪で紅萬子がデビューしていること、1978年に京都大学のレガッタ大会において、「夕焼けのおまんた」というチームが出場したが大した騒ぎにもならなかったこと、更に1984年には1966年(昭和41年)生まれ、香川県出身である松本明子が全国放送で、「おまんこ」と発しテレビ局を出入り禁止になる事件もあり、以上を根拠に、少なくとも関西圏では、めこはともかくまんこは周知されていなかったとし、全国にまんこの影響が及ぶのは1988年頃の事ではなかったかと結んでいる。ちなみにテレビやラジオでは「まんこ」は放送禁止用語に位置付けられている[要出典]。餃子の王将のCMでも「まんこ(万個)」としゃべるが放送禁止用語でない。 ゲームなどにおいてはプレイヤーが任意に命名が可能と言う仕様であっても、「まんこ」「おまんこ」という単語の入力を禁止される場合がある。

セカンドレイプ

性的二次被害。 レイプや性犯罪、性暴力の被害者が、その後の経過において、更なる心理的社会的ダメージを受けること。 具体的には、レイプや性犯罪・性暴力被害者を診察する産婦人科医や事情聴取をする警察官が、「あなたにも隙があったんですよ」などと被害者にも責任があるという発言をすること、あるいは好奇心的な目で見ることなどによる。 また、いかに主観的には被害者に同情的で、犯人を批判することを目的とした報道や接し方でも、その事件が話題にされること自体が被害者にとって苦痛になることや、人権保障のため、原則公開されている法廷で、弁護側が被告人のために行う主張や尋問それ自体が被害者を傷つけることもある。(これに配慮し、公判での被害者側プライバシー配慮は、顔を隠せるなど近年進んでいる) その心理的社会的ダメージの影響としては、被害者の人間不信が強まること、無力感が強まること、安心感が損なわれること、レイプや性犯罪・性暴力そのものへの恐怖がさらに高まることなどがあげられる。 セカンドレイプを防ぐには、レイプや性犯罪・性暴力事件に関与する、医師、警察、司法関係者などが持つ、レイプ神話をはじめとした誤ったレイプや性犯罪・性暴力理解、誤ったセクシュアリティ理解を是正する教育が必要である。 セカンドレイプの典型的な例として、『処女(もしくは非処女)はレイプされてもたいしたことじゃない。』、『肌を隠す女(もしくはさらす女)は男を誘惑(もしくは挑発)しているから、レイプされても文句は言えない。』、『女が簡単にセックスさせない性的に厳格な社会だから(もしくは女が誰にでもセックスさせる性的に放縦な社会だから)レイプが起こる』などという、オス目線で、メスの性的な決定権の目線に立たないセックス理解に基づくレイプ免罪言説がある。

盗撮とは

書店などで雑誌の内容を撮影して窃取するような場合、窃盗罪の成立については懐疑的な見方が有力である(デジタル万引き)。 法廷に提出するための証拠写真として「盗撮」を使用した場合、刑事法廷では違法収集証拠排除法則により証拠能力が否定される。一方で監視カメラなど「犯罪が発生する相当高度の蓋然性が認められる場合」において、被撮影者の許諾なく、あらかじめ証拠保全の手段・方法をとっておく必要性があり、社会通念に照らして相当と認められる方法で行われる場合、証拠能力は認められるとするのが判例の立場である(山谷監視カメラ事件)。 報道機関が報道内容として海岸での水着を着た女性の映像を利用することがあり、このような場合は公の報道の利益を考量したうえでの相当に慎重な画像利用が原則(相当性の法理)であり、気象報道などのさいの海岸や街中でのスナップなどは被写体の承諾を特に取り付けることは一般に行われない。バラエティー番組などで芸能人の楽屋や打ち合わせ現場などに隠しカメラを設置し、芸能人の癖などを撮影するものがあるが、これは企画演出されたものであれ過渡的に不法行為に及ぶものであれ[2]民事上の肖像権(及びプライバシー権)の範囲であり、他の違法性に抵触しない場合、許容されたものを放映されているものと見られる。公益性の高いニュース報道などにおける隠し撮りや隠しマイクについては、通常の取材では認められず「身分を隠しての取材」と同様に慎重な運用が必要と見られる。この場合も公然の取材では映像等が得られず、映像や音声なしでは報道目的が達成できず、報道目的が公益にかなう場合は許される場合もあり、とくに非合法・反社会的対象への取材の場合には例外もあり得るとのガイドラインを規定するメディアも存在する。 テレビ番組などで素人参加企画や街角どっきり企画などが成立しにくくなっている事情に肖像権の取り扱いの厳格化(適正化)が影響しているとの指摘がある。 街の人肖像権侵害事件(東京地裁平成17年9月27日)では、財団法人「日本ファッション協会」がウェブサイトに被写体原告女性に無断で掲載した写真について330万円の賠償を求めた訴訟が提起され、「無断掲載は肖像権の侵害」として慰謝料など35万円の支払いを被告側が命じられた。

無修正=裏ビデオ

そもそも日本においては、性器の画像修整が無いわいせつ映像の流通販売がわいせつ物頒布罪によって違法とされている。米国などのポルノビデオとは異なり、日本で合法販売、あるいはレンタルされているアダルトビデオ(“表”ビデオ)は、倫理審査団体の審査による自主規制、もしくはメーカー側の判断による自主規制により性器に“モザイク”など様々な手法で修整がかけられている。 性器に修整が無い映像(無修整映像)を観たい市場の潜在的な需要に対応し、1980年代頃より目立たないように頒布されるようになった違法なビデオの事を通称「裏ビデオ」と呼ぶ。1989年昭和天皇崩御前後の自粛期間における当局による風俗に対する一斉検挙以後は、裏ビデオ業界の自主制作作品がほとんど姿を消し、変わって、1990年代までには、修整をかける予定で撮影されたアダルトビデオの修整前テープの流出などがしばしば裏ビデオとして認識されるようになった。 歴史 家庭用VHSデッキの普及と同期して、1980年代頃から一般に登場した。 創成期(1980年代前半) 日本には戦前から(一説には20世紀初頭、大正期)わいせつな映像メディアとして非合法フィルム=「ブルーフィルム」文化が存在していた。「ブルーフィルム」は、映写機など高価で大きな機材が必要なため、一部の愛好家による金持ちの道楽的な要素が強かったが、小型で個人視聴が可能なビデオデッキの普及は、アンダーグラウンドメディアに革命をもたらし、「ブルーフィルム」はやがて淘汰され消滅していった。しかし、その流通方法、撮影のノウハウは少なからず裏ビデオに影響を与えることとなった。 当時は家電販売店がVHSデッキ拡販のため、「おまけ」としてこっそりとプレゼントしていたこともあったともいわれる[1][2]。1980年代は、初めから裏ビデオとする目的で性交を露骨に映した作品を非合法組織が製作していた。流通していた物の多くは、何度もダビングを繰り返した粗悪品で(もちろん、著作権を主張される可能性がないことをいいことに作られた無断コピー品である)、画質は悪かった。 定説では、自主制作裏ビデオの第1号は「星と虹の詩」と言われている。その後、1982年頃、本格的裏ビデオ「洗濯屋ケンちゃん」(一部の書物には、裏ビデオ第1号を「洗濯屋ケンちゃん」とする説を載せているが間違いである)が登場すると、「8時だよ全員集合」などゴールデンタイムのバラエティ番組や人気アーチストのプロモーションビデオの中で、タレントが「洗濯屋ケンちゃん」と発言するなど、裏ビデオの存在が公然と語られるようになった。 発展期(1980年代中頃) 「洗濯屋ケンちゃん」登場に前後して、裏ビデオは単なる性交ビデオから、作品展開に共通の流れができ映像作品と呼べる内容に向上してきた。代表的なストーリー展開は、女性登場-入浴-オナニー-男性登場-前戯-性交、というパターンで、性交は最後の5分間だけというものも少なくなかった。現代においては作品の多くの時間が性交シーンに当てられているため、今考えると極端に短く感じられるが、この頃の出演者は専門の俳優ではないので実生活と同じ感覚で性交していたものと見られる。 裏ビデオそのものが珍しかったこの時代には、夫婦やカップルなど男女で観賞することも当たり前に行われていたため、男性のオナニーシーン(勃起から射精まで)を取り入れた作品も珍しくなかった。 また、この頃から、表ビデオ雑誌に公然と裏ビデオ紹介記事が目立ち始めた。裏ビデオ評論家なる者も現れ、鑑賞した裏ビデオに点数をつけて評価したり、購入方法のノウハウなどを雑誌に載せたりした。この情報をもとに裏ビデオを購入したユーザーも少なくなく、裏ならなんでもいい時代から、内容重視の指向に変わった時期でもある。 成長期(1980年代後半) 1980年代後半からは、当初より裏ビデオとして制作された作品の他に、合法アダルトビデオの製作会社から倒産や借金の肩代わりに持って行かれるなどして流出した無修整マスターテープをコピーしたものが加わった。元々は合法アダルトビデオのため出演女優の質が高く鑑賞に堪える半面、擬似性交が大半であったので面白みに欠ける欠点があった。また、素人撮影物が人気を集めたのもこの頃であった。 それまでの裏ビデオは実際の性交を記録したものと言って良く性交や射精、中出しも本当に行っていたが、この時期以降の作品では一般流通の「表モノ」と同様、擬似精液の使用や擬似性交が当たり前となっていった。 1988年秋、昭和天皇が危篤状態になると(翌年1月7日崩御)社会全体が自粛ムードになる中、警察当局はそれを口実に1989年にかけて一斉摘発に乗り出し、自主制作作品は壊滅的な打撃を受けた。以後、前出の合法アダルトビデオの「流出」モノが主流となった。そのため、裏ビデオが本来持つ、後ろめたさやアンダーグラウンドゆえの稚拙さが醸し出す独特の怪しげな雰囲気が損なわれ、裏ビデオから離れていったマニアも少なくない。 成熟期(1990年代後半から2000年頃) DVDの一般普及に伴いメディアの形態がVHSビデオカセットからDVDに置き換えられていったが、DVDはデジタル録画であるため何回重ねてダビングしても画質が劣化することがなくクリアな画質で作品を視聴できるようになった。コンテンツは「日本人出演の海外作品」とされるものが多くなり、また、これらは一般に「米国在住の日本人向け」とされている場合が多い。しかし、アダルトコンテンツの通信販売サイトが日本語で表示され、日本での代金決済や日本向け発送に対応しているなど、実質的に日本在住の者に向けてのものとなっている場合も多い(関税法における禁制品の為、DVDの輸入を行った場合には関税で没収・返送される場合や罪に問われる場合がある。しかし、業者側も没収時の再送オプションを備えたりDVD以外の何かに見せかけ発送するなど、いたちごっこが続いている)。日本裏業者の商品は日本でのプレスが不可能なため、DVDを装うDVD-Rである。 現在 そして2000年代の現在は、米国など日本国外から直接映像をインターネット配信をする方式へと移行しつつあり、この場合は発信側・受信側ともに日本の法に触れない(取り締まり不可能)日本でも事実上合法となる。これによりディスクメディアを使った裏ビデオ(違法ビデオ)の存在理由が薄れてきている。また、ファイル共有ソフトによって多くの裏ビデオが流通し入手が困難ではなくなっているため、創生期のような限られた人のみがこっそり見られるモノという見方は薄れてきた。 流通別分類 いくつかのタイプに分類可能であるが、複数のタイプが複合したものもある。 合法の国の正規品 現在流通する裏ビデオはAV女優が出演している米国正規品がほとんどである。素人女性が出演することもある。通常のアダルトビデオだと、だまされて出演する場合もある。しかし、発信元の米国などでも規制が厳しくなっており、「騙し」による出演は最近は珍しくなっている。最近は、女優と契約していないメーカーが動画を流すのは肖像権侵害であるとして、訴訟沙汰になるケースが増えている。無修整わいせつビデオ販売サイトでは出演女優と直接交渉し、無修整ビデオへの出演を依頼することで、トラブルを避けるケースが多くなっている。契約内容が無修整動画を一般に向け販売するというものであるため、かなり高額のギャランティを払わなければ女優は出演しないとされている。そのため、表ビデオに比べ、出演料が何倍にもなるケースもある。この場合では国際販売がほとんどである。 日本国内の裏業者 日本裏ビデオ業者によると思われる作品は、実際は摘発逃れのためのたび重なる名称変更、生産国や所在地を明かさず、極めて不明な点が多い。これらの作品は無修整ではなく、性器等のモザイク処理が極めて薄い「薄消し」が施されている。なお、中には「極薄消し」なる、ほとんどモザイクの意味を成さないものもある。摘発された時の言い逃れができる最低限のモザイクをかけているとされるが、勿論それでも摘発対象である。 無断コピー品 上記2点及びインターネット作品から無断でDVD-Rに家庭用レコーダーでコピーして販売されるものがある。この場合著作権法にも違反する。 裏ビデオに類似するもの 一部の「インディーズ系」ビデオ作品(ビデ倫未審査)の中には、「薄消し」と呼ばれるものが存在し、裏ビデオと同列で販売されているものもあるが、「薄消し」と銘打っている作品であっても、いわゆる裏業界・裏市場における「薄消し」とは異なり、ビデ倫と比べモザイクが小さくても女性器が確認できないほどに濃いことがある。この手の「薄消し」作品は専門ビデオ販売店でも見かけることが少なくない。 ジャンル ここからは、主にジャンルで示す。基本的にはモザイク有りのアダルトビデオと大きく変わらない。 アダルトビデオ - 女性が出演して女性器や性行為を見せる、主に男性を視聴対象としたもの。 ゲイビデオ - ゲイである男性同士の性行為(アナルセックス)、もしくはバイセクシャルやノンケの男性がオナニーや女性との性行為を行い男性側の描写を中心としたもの。男性を視聴対象としているが女性ファンもいる。 アダルトアニメ - 国内で発売されているアダルトアニメ(18禁OVA)では、製作元が同一作品の無修正版の輸出を積極的に行っており、無修正の海外正規品として販売される場合が多い。 アダルトビデオのジャンル 単発女優物、企画物 - かつての作品では沖田真子や渡瀬ミクなどのものが有名。 特集物 - 単品作品の冗長部分をカットし、作品数点分の性交場面だけを集めて一本にした作品。 乱交物 - 複数の男性でひとりの女性もしくは複数の女性と性交するもの。 熟女物 - 基本的は合法アダルトビデオ同様、この種のビデオに出演する人間(男優、女優含む)の年齢は18歳(法律による)から30代程度である。この作品では、それ以上の年齢(例えば40〜60歳代の女性(俗に言う「熟女」といわれる女性))が性的行為を行う内容である。 素人物 - 素人がプライベートな性交シーンを撮影したもの。画質がよくないものが多い。制作者(業者もしくは個人)が街で一般人(素人)をスカウトして撮影するものもあるが、実際は関係者による演出がほとんどである。 ハメ撮り物 - カメラマン自らが性交を行いながら撮影するもの。 青姦物 - 文字通り、野外での性交物。アダルトビデオでは、大勢の人の前で裸体をさらしたり性交を見せたりするなどの過激な作品は厳しく規制されるようになり、裏ビデオのジャンルになりつつある。 SM物 - 文字通り、SMを撮影したもの。 獣姦物 - 主に犬や馬等の動物と性交するもの。 黒人物 - 主として黒人と性交を行う内容である。相手をする女優は女子高生、主婦、単体女優などがある。アメリカのプロの黒人AV男優から素人まで、その数は決して少なくない。 裏ビデオ特有のもの 裏流出物 AV女優が出演し、通常のアダルトビデオとして制作された内容で、モザイク処理前のテープが流出したもの(倒産したメーカーの作品が裏の業界に流れることはよくある)。内部の人間が故意にダビングテープを流出させたこともあった。大まかに編集されたいわゆる「粗編集」のままダビング、コピーされ流通するため、通常カットする監督の声やコンドーム装着シーンなどが入っている、逆に一切音声が入っていない、タイムコード入り映像だけのものもある。そのため現在の主な合法アダルトビデオメーカーでは流出対策として、早い段階でモザイクをかけている。 逆輸入物 日本人(日本語をしゃべる・日本と見られる場所で撮影)が出演し、米国向けに無修整で制作された作品が逆輸入され、日本で裏ビデオとして流通しているもの。映画『白日夢』(武智鉄二監督、佐藤慶・愛染恭子主演)あたりからはじまり、現在の主流である。 ネット流出物 プライベートで撮影された素人男女の性交ビデオが、故意に流出あるいはwinnyなどファイル共有ソフトを介して流出したもののうち、特に美人女性であるもの、作品性が高いものを中心に、裏ビデオとして構成、頒布されることがある。 裏ビデオ特有のもので犯罪性も高いもの ロリータビデオ・ショタビデオ 18歳未満の少年少女の裸体や性行為を映したもの。児童ポルノ法施行前に製作されたものと、それ以降に製作されたものに分類される。 前者は、単にロリータビデオもしくはショタビデオと言った場合、裏ビデオには属さないものもあることに注意。裏ビデオに属するものの場合、双方共に違法性が高い。また、被写体の児童やその保護者の同意の下に撮影された物と、児童への猥褻行為を記録した物とがある。海外でも違法性が高い国が大半を占めており(重罪になることもある)、入手が困難で、ほとんどが海外の裏市場で入手された物であるが、現在法規制がされていなかったり、定義年齢が日本より低い国からインターネット配信をする方式で合法的に発信を行っているサイトも一部にある。ロリータビデオではないが、児童ポルノの被写体は女児のみならず男児も含まれ、これを「ショタビデオ」と呼ぶ。日本では、男児の児童ポルノ所持についても既に何人か逮捕者が出ている。日本国内で製作されたと思われる物の例として『名古屋団地』『双子姉妹』『妖精伝説』『堂山ビデオ』(少年を扱ったもの)などが挙げられる。 援交物 援助交際(少女売春)の一部始終を表したもの。少女に金銭を渡し、性交を行いそれを撮影したもの。特に、少女が18歳未満の場合、これも犯罪行為にあたる。有名な例としては『関西援交』があり、これは製作者が逮捕されている。 盗撮 ラブホテルに隠しカメラを仕掛けたものや、女子トイレ、公衆浴場、学校の更衣室などで秘かに隠し撮りされたもの。トイレ・浴場では女性の協力者がいる場合が多い。迷惑防止条例で定められている地域では撮影者が判明次第罰せられる。アダルトビデオでは、女優などによるやらせ撮影も多い。実際に盗撮者が逮捕された学校の更衣室での女子生徒の更衣盗撮映像が販売されている事がある。 スナッフフィルム(en:Snuff film)海外の場合、被害者(性交相手も含む)を殺害する映像が含まれる明らかな犯罪物も存在すると言われる。 レイプ物 強姦の一部始終を表したもの。アダルトビデオでは女優などによるやらせ撮影による作品がほとんどであるが、裏ビデオのレイプ物の中には、現実に行われたレイプを録画したものもあり、これは犯罪行為にあたる。実際にレイプ犯からの投稿された映像が販売されている事がある。 レイプ物について 犯罪行為である実際のレイプを撮影したものはあまりなく、多くはそれらしく演技、構成したものである。実際のレイプ物が存在するかは、その地域の宗教色やポルノに対する寛容度によって差があるとされている。ポルノに対して比較的寛容で、ポルノの話題を口にしやすい地域では、口コミで情報が広がりやすく、警察が情報を掴みやすく摘発に遭いやすいと言われる。 対して、ポルノの話題を口にするのがはばかられる風潮がある地域では、ポルノに関する情報はなかなか広まらない。その結果、非常に犯罪性の高いものが出てきても、愛好者だけの間で秘密裏に鑑賞が行われるケースが多く、表面化しない。また、性に対してオープンな場合、逆に屈曲した陰湿な内容を好まない傾向があるともされる。[独自研究?] このような現象をみて、オーストラリアのキャンベラ市の女性市長は、「ポルノや性表現に寛容で、抵抗感が低い方が、犯罪性の高いポルノを撲滅しやすいので好ましいのではないか。特に男性ではなく女性がもっとポルノを見て、楽しむべきだ。そうすることで、女性がポルノを監視し、犯罪性の高いポルノを抑制できる」と発言。一時期物議をかもしたが、今では比較的受け入れられている。 これを受けてオーストラリアでは、「ノン・バイオレンス・エロチカ」と言われる、暴力性の無いポルノは無修整でも完全に合法とされ、女性でも見る者が多くなっている。英国にある世界最大のポルノショップのオーナーも女性である。 非性的なもの 転じて、性的描写が含まれないものでも、非合法でひそかに流通しているものを「裏ビデオ」と称することがある。例として以下のようなものがある。 本来許されていない場面で、個人が隠しカメラを持ち込んで撮影したもの(コンサートや演劇など。ブートレグも参照)。 一度テレビ放映されたもので、後に「欠番」などと称され、諸般の事情や肖像権の関係で再映像化が行われなくなったもの(代表的なものとしてウルトラセブンの第12話、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアント戦のプロレス中継など)。 倫理的な理由で、通常映像化が行われにくいもので、実際に殺人が行われるシーンや、爆弾テロでの死者や戦争での大量殺戮現場などを撮影したグロテスクなものなど(NHKスペシャル「世紀を越えて」でオープニングのクロスカッティングに用いられたものもある)。 ただし、これら非性的なものはYouTubeなどインターネット動画共有サービスの普及により流通しやすくなっている。 販売方法 合法のアダルトビデオとは異なり、一般的なレンタルビデオ店には置かれず、下記に示す流通法で販売されている。初期の作品が家庭用ビデオカメラを用いて撮影、編集されているものも多いうえに、ダビングを繰り返されているのも多いため、一般的に映像の品質は高くない。しかし近年ではファイル交換ソフトの普及で(非合法ではあるが)だれでも無料で裏ビデオの入手が可能になった為に、原版と同一で画質の良好なものが多数存在している。DVDプレーヤーの普及に伴い、メディアはDVD-Rへ移行しつつある。 わいせつ物は陳列、販売、頒布することは違法になるが、単に所持しているのみでは違法とされていない(ただし、販売する目的での所持を除く)。そのため、裏ビデオを買った場合に取締りの対象になるのは店側のみである。ただし、証拠品として警察にビデオ提出を要求されたり、事情聴取として連行されたりすることがある。 ネット上に販売サイトを開設し、米国のハワイ州やカリフォルニア州などから発送を行う業者がある。国際発送を行うのは、業者が販売の罪に問われるリスクを低減するためである。しかし、裏ビデオは輸入禁制品であるため、税関で没収されたり、荷物の開封の要請がくる場合もある。現地にて直接購入する場合も同様である。 なお、米国で成人限定で合法の無修整アダルトビデオを米国発信、日本でweb閲覧することは、日本のわいせつ物頒布罪に触れない。しかしアメリカでは、2257法案などにより、アメリカ国内で未成年へのアダルトビデオ販売に関する規制が厳しくなっており、年齢確認証明などの成人限定という写真付き本人証明の提出登録などの手続きが必須となっており、違反した場合は米国連邦捜査局(FBI)の調査が入り、摘発された場合は20年の禁固刑が科せられる。 販売経路 主な経路を示す。 繁華街のアダルトショップ(合法アダルトビデオと共に売られている店と、裏ビデオ専門店とある。通販対応しているところも少なくない)。暴力団の資金源とも言われる。 アダルトショップ店内での呼び込み(レンタル会議室などに客を集めて、リストを見せて選ばせる) 独身男性(女性)の家(アパート)にビラを投函し、宅配便や販売者が届ける。 インターネット合法サイト(ハワイ州やカリフォルニア州など)を用いての販売(州内では合法) 一般的にこの種のビデオの価格は1本あたり約1,000円から1万円を超える高価な物まで様々である。ただし、データ配信のみ、まとめ買い、コピー商品(著作権などでも違法)などでは1本300円以下になることもあり、低価格化が進んでいる。現状では、海外で直接購入したりファイル共有ソフトで入手した裏DVDをコピーして販売する業者が価格破壊に乗り出しており、1本800円から1000円程度で入手できる。かつてのビデオテープなどのダビングとは異なり、デジタルデータは無劣化で複製できるため、コピーとはいえ高品質な裏ビデオを入手できるとされる。 インターネットでの動画配信サイトでは、メディアという直接媒体を不要とするため流通リスクを犯さずに日本撮影関係者が無修整流通ルートを確保する手段でもあり、顧客もブロードバンド普及とともにweb配信へ移行している。しかし、裏ビデオを大量購入しやすくなったことと商品在庫という概念が無くなったので市場規模は拡大している。 近年の流通経路 近年はインターネットによるストリーミング再生を用いて裏ビデオが流通することが多く、直接商品販売経路とは別のデータのみの販売という第二の流通経路として存在している。理由として日本では裏ビデオ配信は違法で犯罪であっても、海外で成人限定の裏ビデオは「合法」とされている国家から裏ビデオが送信されている。他国の領域内ですべて完結した営利目的の裏ビデオ動画配信サイトのデータ更新等の行為は、その他国の法律が適用されて日本のわいせつ物頒布罪が適用されないので主流になってきている。 具体的には、海外においてあるサーバよりWMV・DivXなどの圧縮した映像をDRM化でコピーコントロールした、ストリーム再生技術を使用したweb配信の利用である。動画の決済には配信先の国家の通貨建てのクレジットカード支払である。 違法性の高いロリータ物から海外のweb配信ものまで幅広く流通している。基本的に全ジャンル流通していると言ってよいだろう。 ファイル共有ソフトを用いる裏ビデオの流通も、雑誌でだれでも簡単に収集可能と紹介された為、(非合法ではあるが)高画質な裏ビデオを無料で入手することができる。これらはファイル共有ソフトウェアで蔓延しているコンピュータウィルスに感染するリスクを伴い、裏ビデオの収集が原因となっている可能性が高い(これはウィルスによって情報と共に添付される検索ワードファイルから確認可能)。情報流出事件も多発しているため、違法であると共に情報流出という点からも安易な利用は避けるべきである(情報流出では実際に収集していたものに関して報道される場合がほとんど無いが、これらの流通経路を秘匿する為とも、わいせつ物頒布罪の法解釈の盲点や矛盾点が表面化されない為とも言われる)。 これらは、裏ビデオという非合法性をはらみつつ、さらに著作権法にも違反している。 ファイル共有ソフトの台頭によって裏ビデオを無料で入手可能な状況となり、既存の裏ビデオ業者は存続の危機に立たされている。

エロ動画=アダルトビデオ

基本的には日本に於いてDVDやビデオテープなどで供給される、性的行為・性行為を収めたもので、視聴者の性的欲求を満足させるためのものである。狭義のAVは、ビデオカメラで撮影されたものである。また多くの場合、初めてビデオカメラで撮影され、1981年に「日本ビデオ映像」から発売された『ビニ本の女・秘奥覗き』と『OLワレメ白書・熟した秘園』を日本アダルトビデオの嚆矢であるとされている。 日本国内において合法的に流通している(またはモザイク処理などで性器が見えていない)ものを表ビデオ、合法的に流通させられない(性器が見えているなどの理由で)ものを裏ビデオとされている。なお、製作会社の廃業時などに、モザイク処理が行われていないマスターテープが流出することがある。これは「流出物」と言い、裏ビデオの一種である。 初期のメディア(媒体)はVHSが中心であったが、2013年現在、日本の合法セルビデオ(販売用ビデオ)の大半はDVDである。DVD登場前の一時期にビデオCDにより発売された作品がある。また、他のDVD映像ソフトと同様にHD画質や画面アスペクト比16:9の標準画質で撮影された作品も多く、DVDのほかにブルーレイディスクの形態も存在する。2009年(平成21年)1月23日に、TSUTAYAでブルーレイディスクでのレンタルが始まった。NHKではDVDパッケージのものを「娯楽用DVD」と呼んでいる。なお黒羽(2011)によれば、2013年現在で年間1万本程度のAVがリリースされているという[6]。 歴史 詳細は「アダルトビデオの歴史」を参照 AV前夜 1950 - 60年代に西側各国で「表現の自由」の名のもと、多くの国でポルノに対する規制が解禁された。日本でも1962年の『肉体の市場』を嚆矢として「ピンク映画」が登場[7]、大手東映も1968年、『徳川女系図』でこれに参入、これに大映、日活、松竹も続く。また1971年からは「ポルノ」との呼び名も聞かれる様になった。そして1970年には大国・アメリカでポルノが解禁される。 日本では1969年12月、電機メーカー各社が統一規格による「カセット」方式のビデオテープレコーダーを市販する。これをU規格と呼ぶ。そして、当時販売されたソフトの9割はポルノ作品であった。ただしこれはビデオカメラで撮影されたものではなく、ポルノ映画をビデオに落とし込んだものである。またビデオデッキの受け入れ先もラブホテル、および当時大流行していたモーテルなどであった。ちなみに1972年からは「日活ロマンポルノ裁判」が始まり、被告は無罪となるものの、日本でのポルノ解禁は取り残されたままとなった。 AVの誕生 概説で述べたとおり、1981年に「日本ビデオ映像」から発売された『ビニ本の女・秘奥覗き』と『OLワレメ白書・熟した秘園』が日本アダルトビデオの嚆矢であるが。 ブームのきっかけとなったのは代々木忠による1982年の『ドキュメント ザ・オナニー』シリーズであり、第一弾『主婦斎藤京子の場合』は8万本のセールスを記録した。そして1983年のビデオカタログには、90社ものAVメーカーが掲載されるほどのブームとなった。また当時のラブホテルには部屋にビデオカメラとビデオデッキを設置したものがあり、カップルが自らの性行為などを撮影し、それを観賞して楽しむプレイが可能であり、それが流通することもあったという。 豊田薫と村西とおる 1984年、日本ではレンタルビデオ店がブームとなり、全国で2500店舗を数えていた。また1985年頃、警察は、ビデ倫の審査を通していないビデオはわいせつビデオと判断する、とし、摘発を臭わせていた。このため一般的なAVメーカーのほとんどがビデ倫への加入を余儀なくされている。 そんな時代に登場した男の1人がAV監督・村西とおるである。85年にAV業界に登場、黒木香主演の『SMっぽいの好き』などが人気となる。当時の村西は1人で月産6本、ロケに出ては数本を撮影して帰るという状態であり、内容は本番に偏重したものであったという。 豊田薫もやはりAV監督であり、女性の膣内を撮影した『マイクロ・ボディ 奥までのぞいて』などを発表。その後も内性器描写にこだわり、フェラチオ、パイズリなど過激な性表現を連発した[22]。 AV女優 詳細は「AV女優」を参照 AVブームの定着に伴い、AVに出演することを生業とする女優が現れた。AV女優の誕生である。AV女優は時として、自主的に、または監督などの演技指導により様々な意味での「演技」を行う。ただし本格的に「演技」の勉強をし、撮影に役立てている者は稀であるともいう。AV黎明期に大活躍したAV女優に、『ドキュメント ザ・オナニーPART2 女優・田口ゆかり』ら40本の表ビデオ、その他裏ビデオ・裏本多数に出演した田口ゆかりがいる。なお、この時代の人気AV女優は本番を行わない例が多かった。本番女優はあくまで格下という扱いであった。村西・豊田以降は「淫乱」がブームとなり、前述の黒木香の他、膣へのダイコンの挿入やアナルセックスを見せた豊丸、バイブの7本挿入を見せた亜利沙、潮吹きの沖田ゆかりなどが人気となり、88年中頃には淫乱ブームが定着した。 インディーズビデオ 1987年末にはレンタルビデオ店は日本全国で約2万店舗に達する[27]。その頃に息を吹き返したのが、ビデ倫に所属しないインディーズ・ビデオ(無審査ビデオ)である。「シースルービデオ」とする、性器のモザイクの非常に薄いものが見られたという。なお、シースルービデオはシースルーが故に、疑似本番が通用しがたい。モザイクの濃いものであればモザイクの向こうで挿入したふりをするという不正も可能であるが、シースルー状態では実際に女性器に男性器を挿入するよりない、本番行為を行うよりないのである。これはインディーズ/シースルービデオの人気を高めるのに役立った。ただし本番女優には、疑似女優に比べて高額なギャラが支払われたという。 またこの商品は法的に危険なものであるため、制作元がパッケージに記載されていないこともままあった。このため警察は、制作元でなくレンタルビデオ店の方を摘発したという。またメーカー側は、摘発されればそのブランドを消滅させ、また新しく立ち上げる、という方策で対策を取った。 ただしこの後、1989年頃、女性誌an・anがセックス特集を組むなど女性の性がオープンになる傾向と歩調を合わせ、AVは本番を行うものという新たな常識が定着していった。 セルビデオと薄消し 1989年、女子高生コンクリート詰め殺人事件をきっかけにビデ倫は一部表現に制約を科す。更に宮崎勤事件なども重なり、AVを含めたセックス・メディアに逆風が吹いた。1992年頃には大手製作会社の倒産が相次ぎ、人気女優の裏流出ビデオが大量に出る事となった。これは1997年まで続く。 だがそんな中、1993年以降、レンタルビデオとは違う、そしてビデ倫に加入しないセルビデオ(小売りビデオ)販売店、「ビデオ安売王(日本ビデオ販売株式会社)が拡大していた[35]。1995年にはフランチャイズ1,000店。価格帯はおおよそ2,000 - 3,000円、粗利は50%程度。しかし1996年、海賊版ビデオを販売してしまったことなどにより訴訟に発展、社長は辞任し、ビデオ安売王は崩壊する。だが店舗はフランチャイズであり、まだ残っていた。前述の通り、1,000店という規模である。そのビデオ安売王が築いた市場に、後発の業者が殺到した。セルビデオブームの到来である。ここで業績を伸ばしたのがソフト・オン・デマンド、桃太郎映像出版などである。 そしてビデ倫一極体制が崩れ、様々な審査機関が立ち上がることになる。なおセルビデオはビデ倫を通したものに比べ、陰毛が見える、モザイクが薄いなどのアドバンテージがあるという。前述の通り、モザイクが薄ければ疑似本番では誤魔化し難い。このため疑似本番しかできないビデ倫レンタルさがりの女優は起用できなかった。そもそも、モザイクの薄さはユーザーの満足や売り上げに直結するのである。2000年以降には、モザイクの一辺が1mm以下のものまで登場した。激薄ビデオ。最早丸見えである。ただし、さすがにこの様な商品がまともなショップに並ぶことは稀であるようだ。 セルビデオは大流行を見せ、90年代後半には販売店は3,000店とも5,000店とも言われる状況となった[43]。AV制作側もセルビデオを歓迎した。村西とおるによれば、レンタルは企画開始から集金まで1年程度を要したものが、ショップ買い取り方式のセルビデオであればすぐにでも売り上げが入ってくるのである。 また、日本のAV製作会社が外国向けに、もちろん無修正で販売したものが、日本に逆輸入されて裏ビデオとして販売される場合がある。 また、激薄ビデオも海外に輸出されている。日本の警察は2002年頃から薄消しビデオの摘発に躍起になったことが、販売会社が販売先を海外に移した事が原因ともみられる。2004年頃は日本人AV女優の出演しているAVが海外サイトで販売されていることは当たり前といった状態となった。 2009年現在はインターネットを介して、日本の一般家庭で一般国民が無修正動画を購入などして視聴することに、何ら障害はない。藤木TDCは「それらを『裏』と呼ぶには、あまりにも日常に定着しすぎている。」とする(藤木TDC 2009 『アダルトビデオ革命史』 p.237より引用)。そして現状、視聴サイトが海外運営である以上、その視聴料金は全て海外に振り込まれており、日本経済にとってのメリットは小さいとしている。 流通の状況 レンタルビデオ業者による事業 2009年現在、レンタル業界はTSUTAYAやゲオの寡占状態にある。同様に寡占状態にある製作メーカー、ソフト・オン・デマンドやCAなどのセルメーカーがここに参入している。 藤木 (2009) によれば、2009年現在、正確な数は把握のしようもないが、日本において年間1万本以上のタイトルが製作されていると言われるとしている。 日本のレンタルビデオ店のアダルトビデオコーナー入口は暖簾で仕切られていることが多い。 セルビデオ店に陳列されているアダルトビデオのDVDパッケージ 人気AV女優は撮影会・サイン会・握手会などのファンとの交流を実施することが多い 日本のレンタルビデオ店のアダルトコーナーにある新作ビデオ棚。作品数は非常に多い。 レンタルビデオが一般に普及している一方、販売を主目的としたビデオ(セルビデオ)も登場している。市場規模を見ると現在では通信販売でも買えるセルビデオの方が大きくなっている。 レンタルビデオ店の多くには、アダルトビデオの独立コーナーが設けられており、一般コーナーとは暖簾などで仕切られている場合が多い。これは、青少年の目に触れさせないためとアダルトビデオに嫌悪感を抱く人々に配慮、およびにAV利用者のプライバシーに配慮をしたものである。ただし1990年頃まではアダルトビデオ作品数が少なかったため、一般作品と並べられて展示されていた。 アダルトビデオのレンタル売上は一般の映画やアニメなどのビデオを上回ることが多く、レンタル店にとって欠かせない一大分野に成長した。数は少ないもののアダルトビデオ専門のレンタルビデオ店も存在する。また、セルビデオも急速に広まり、店舗数でいえばレンタルビデオ店を遥かに凌いでいる。 また、通信販売やネット上で申し込めるアダルトビデオの宅配サービスなども盛んである。 2006年6月現在、大規模な業者は日本に3社あり、郵便やメール便を利用して貸出・回収を行う。月々の料金は借りようと借りまいと発生する。そのため、業者の配送センターの近くに住んでいるなど特別な条件のある利用者以外は、月に10回転程度が実質的な上限となる。同一タイトルの在庫数にも限りがある。 メーカーによっては独自に流通配送システムを構築し、通販サービスの向上と低価格化を実現しているところもある。 CS放送による放送事業 ビジネスホテルやラブホテルの有料番組、スカパー!プレミアムサービスによるCS放送番組(900ch台の放送)、ケーブルテレビなどでも作品が放送されるなど、さまざまな場所で利用されている。 インターネットでの動画配信事業 昨今ではインターネットの普及と共に、AVコンテンツをストリーミング放送やデータダウンロードの形で提供するものも現れている(有料・無料がある。特に、廃盤作品はメーカーから提供を受けている業者からデータで買う以外に視聴方法はない)。 有料動画として海外配信されているアダルトビデオでは、日本国内より海外法人等が調達したアダルトビデオ媒体を海外基準で編集しインターネット経由でダウンロードさせ販売する流通経路も確立している。 日本国内の者(個人・法人)が、日本国外に海外法人を設立し、日本との法体系が違う(刑法のわいせつ物頒布等の罪が適用されない)海外現地法人を利用して、日本向けにアダルトビデオの販売を目的として、主にアメリカ合衆国等でインターネットサーバーを設置(.com等ドメインを取得)し、動画配信を行うケースが多くなり、性器にモザイク処理のない「無修正ビデオ」の配信が盛んになっている。 制作側の状況 1作の撮影日数は1-3日程度が最もポピュラーで、製作費用は作品の規模によって数万-数100万円と一般のロードショーの映画と比べると格段に安く、またその大半が女優にかかるギャランティであることも多い。 高価なフィルムを使わないことでランニングコストを低く抑えることができる。 又、DVDとして商品化する際にコストを抑えるため、約2時間を超える作品は、マスタデーターを片面1層ディスクに圧縮し記録される物がほとんどである。そのために、画質の低下が発生する。 作品の内容 “視聴して自慰をするためのソフト”という傾向が強い商品の特質上、映画・テレビドラマなどに見られるような芸術性はほとんど求められず、性的興味をそそることに力が注がれている作品が全てであると言っても過言ではない。 ポルノグラフィティが基本である以上やはり性行為が基本なのであるが、日本のAVについては諸外国と異なり、必ずしもそれに偏重していない。確かに性行為のカットがあるものの、イメージ映像やインタビューなども重視される傾向があるのが特徴的である。 避妊具の使用 はっきりコンドームを着用していることを説明している作品もあり、あえて射精後のコンドームから精液を垂らしてAV女優が飲む、という構成の作品も見受けられる。一例を挙げると『顔は日本カラダは車中!!』(夏目ナナ・SODクリエイト) においては、AV女優が車外に顔のみを出し、直前に使用したコンドームから精液を手の上に搾り出して飲む行為を数回行っている。 童貞喪失ものでは、AV女優が相手となる童貞男性にコンドームを装着する場面から始まり、男性が射精した後に精液の溜まったコンドームを外し、その精液を見ながら童貞喪失の感想を話し合うなどの構成が見られる(『最高の筆おろし』・マドンナ)(『ザ・筆おろし』・クリスタル映像)。 中出し 中出しの場合は、制作会社側がアフターピルや避妊フィルムなど避妊準備をするものや、事前に女優が低用量ピル(経口避妊薬)による避妊をしていることがある。例えば、『ナマでHしよ 中出し大好きなの』(沖那つばさ・マルクス兄弟レーベル)では、女優自身が医師の処方を受けた経口避妊薬を示し用法を説明してから、男優に中出しされたり汁男優から採取した精液を注射器に集め膣内に注入したりしている。 特殊な例では、川奈まり子の引退作品において、妊娠を狙って婚約者のAV男優による真性中出しが行われたが、その作品での受精・妊娠には失敗した。ただしこれが事実であるのか演出であるのかは不明である。 溜池ゴローによれば、こういった中出し作品は妊娠や性病感染のリスクを犯してまで制作されているわけではない。女優は日常的にピルを服用しているし、自ら中出しを了承した女優しか撮影しない。また、女優だけでなく男優や汁男優に至るまで出演者全員が性病検査(尿検査と血液検査の2つ両方)を受け、陰性であることを証明する、検査日から1ヶ月以内の最新の検査証の提出が義務となっている。この性病検査の頻度は、基本、男優は、だいたい1ヶ月に1回、女優はもっと頻繁に受けている。もし、撮影前に出演者が感染症にかかっていることが判明した場合は、即刻、撮影は中止となる。これは中出し作品に限らず、全ジャンルで共通である。加えて、出演者が所属するAV事務所も性感染症管理に関しては正直に申告する。嘘をついた場合は、その事務所の俳優は2度と起用してもらえなくなるためである。こうした衛生管理が行われているため、避妊具なしの挿入や中出し作品が横行しても、AV業界で性病が蔓延することはない[53]。 性器の露出と規制 日本では欧米諸国などとは異なり、成人向けであっても性器を直接表現する映像を公開することは、わいせつ物頒布等の罪(刑法第175条違反)として性器を直接表現する映像の存在自体を禁止している。理由は、公衆の「健全」な性的風俗ないしは性秩序を守るためである。よって規制されるのは「徒に性欲を興奮または刺激せしめ、かつ、普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反する」ものである。 そのため、倫理審査団体の自主規制によって性器に“モザイク処理”などさまざまな手法で“ぼかし”がかけられる。これは、性器を露出しないことはもちろんではあるが、(建前上では)実際には性行為を行っていないことを文字通り“ぼかす"という意味もある。精液や、肛門(審査団体によっては自主規制)を映し出すことは、わいせつには当たらないと解釈されている。 最近では日本のアダルトサイト業者、アダルトビデオメーカーが、性器の露出について日本とは法規制が異なる他国のサーバとプロバイダー経由で有料サイトを開設しており、日本国内からこれらのサイトにアクセスし“無修正映像”を簡単に視聴したりダウンロードすることができるようになった。これを通称海外配信という。 また、「修正映像」も時代と共に変化し、かつては女性の陰毛や肛門が露出しているものは非合法とされていたが、少なくとも2010年現在では「合法」との見方に変わったり、かつては児童の性器(『わいせつ』の概念となる陰毛が未だ生えていない)の露出は「合法」とされていたのが、最高裁の判例により「非合法」とされたりと、『わいせつ』の概念や定義は時代によって変遷している。 ギリギリモザイク・MAXモザイク どうしても隠さねばならない男性器・女性器の形状に沿って、ギリギリのところまで、最小限の範囲のみのモザイクをかける手法。1秒間30コマの動画を、人海戦術で画像処理する。言うまでもなく膨大な作業量が必要であるが、2009年現在はAV業界の一つのアウトソーシングとして定着している[54]。 倫理審査団体と「インディーズ」 倫理審査団体には日本ビデオ倫理協会(ビデ倫)、コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)、コンテンツ・ソフト協同組合メディア倫理委員会(メディ倫)等があり、それぞれ所属する会員である製作会社のビデオが倫理を逸脱していないか監視している。ただし、法的な根拠はなく、審査をパスしていれば、警察に摘発されないという保証はない。 倫理審査と同時に海賊版製作者に対する警告・告発も行っている。ビデ倫加盟メーカーはビデオ倫理監視委員会を通じて監視を行っている。 ビデオ倫理監視委員会が把握している審査団体 日本ビデオ倫理協会(ビデ倫) コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫) ビジュアルソフト・コンテンツ産業協同組合(VSIC) 日本映像ソフト制作・販売倫理機構(JVPS、制販倫) コンテンツ・ソフト協同組合メディア倫理委員会(CSA、メディ倫) 全日本ビデオ倫理審査会(AJVS、全審) 日本倫理審査協会(JEJA、日倫) 倫理審査団体に所属していないアダルトビデオメーカーの作品は、“自主規制作品”(インディーズ)と呼ばれるが、ビデ倫・ソフ倫(両団体は相互に審査結果を尊重する旨の覚書を交わしている)以外の審査団体で審査を行った作品はモザイク処理などの点で自主規制作品と大差はなく、一般的にはインディーズとしての扱いを受ける。 倫理については明確な基準がなく、モザイク処理部分の大小・強弱などでメーカーごとにばらつきがあったり、同一メーカーが製作した作品でも、発売年度などによって「ぼかし」に強弱があったりする。また、生き残りのため、性器のぼかしが少なく性行為も過激なものも増えてきている。 ビデ倫でも、ヘア(陰毛)・アナル(肛門)の露出を解禁(2004年末よりヘア露出の一部解禁、2006年8月審査タイトルより全面解禁)するなど、基準の見直しが行われている。 この見直しに対応して、従来、ビデ倫・ソフ倫、およびそれに準ずる審査団体(制販倫・VSIC)による審査済み作品のみ掲載していた業界誌「アダルトインサイダー」・「月刊DVDナビゲーター アダルト」(ギャガ・クロスメディア・マーケティング)でも、2006年9月号以降、それ以外の審査団体で審査を受けた作品も掲載するようになった。露出度と売り上げは比例しない。 アダルトビデオのジャンル 制作者側での区分と消費者側の区分とが存在する。 制作者側からの区分ジャンルはさまざまだが、容姿やスタイルが美しい女優を全面に打ち出した「単体女優物」と女優の容姿やスタイルにこだわらず企画内容を売りにした「企画物」に大きく分けられる。この分類は極めて明確で女優のギャランティーやパブリシティー、メーカーの制作体制などに差異が認められる。つまり女優のネームバリュー押しではなく企画や監督名が前面に出たパッケージ(甲斐正明など)こそ企画物というカテゴリーの目安と言えよう。 アダルトビデオにはロリコン、オナニー、セーラー服、レイプなど様々なジャンルがある。1983年の東京ニュース通信社、『月刊TVガイド ビデオコレクション 臨時増刊号 アダルトビデオ3000』の索引では14のジャンルに分けられていた[55]。また藤木 (2011) によれば、これは黎明期のAVがVHS供給ということもあり、30分程度と短時間のものが多く、総合的なエロスを盛り込んだ作品を製作することが困難で、1本1本についてはそのジャンルに特化したものを製作せざるを得なかったという事情があるのではないかと考察している[56]。だがDVD、ネット配信などの登場で作品の時間制限が緩やかになった2011年現在でも、総合的なエロス作品を目指すかたちではなく各ジャンルについてよりマニアックに掘り下げていくケースが多くみられる[57]。藤木はこれを「日本独特のAV風土」とし、日本の文化であるとする[57]。 「ゲイビデオ」では企画物が多いが、ここでは一つのジャンルとして詳述する。類型と言われるものは、裏ビデオを参照のこと。 単体女優物 単体女優物は、一般に容姿が美しい女優を全面に打ち出している作品である。女優名を大きく出し、作品内容よりも女優そのものを大きくアピールする。AV女優一人が出演しているため単体女優物と呼ばれる。単体女優は、AV業界の中で企画物の女優(企画女優)と比較して、容姿やスタイルが美しいとされる。基本的には一人のAV女優が登場する1時間 - 2時間物が多いが、一人の女優の出演本数が増えると2名以上の女優で共演したり、オムニバス形式で出演することがある。単体女優物は、セル・レンタル業界を問わず、各メーカーとも資金を投入し力を入れている。単体女優としてAV業界で有名になった後にタレント活動する人(飯島愛・高樹マリア・及川奈央・蒼井そら・吉沢明歩・みひろ)や、AV女優になる前にタレント、グラビアアイドル、スポーツ選手、オナペットアイドル、レースクイーン、アナウンサーであった者(桜樹ルイ・すぎはら美里・夏目ナナ・萩原舞・小森美樹(小森未来)・渡瀬晶・麻生香・青木りん・範田紗々・きこうでんみさ・まりか・CHACOなど)、元アイドル(やまぐちりこ(元AKB48の中西里菜))、ミスコン出身者(瀬名涼子)もいる。 企画物 企画物は女優の容姿にこだわらず、特定の企画内容を売りにした作品。そのため女優の名前が出ないこともある。テレビや映画のパロディ、大人数もの、人妻もの、素人もの、職業もの(制服女性)、学生もの、レイプもの、ナンパものなど、あるジャンルに特化し、それらを好む視聴者をターゲットにしている。このジャンルの境界にははっきりとした線はなく、例えば「人妻ナンパ」「素人接吻」「女子校生レイプ中出し」といったように複数のジャンルをまたいだ商品も多い。また、単体女優が企画色の強い作品に出演することもある。 1990年代の末から、元々は企画物の女優なのに単体女優並みの人気が出てしまうという例が見られるようになった。こういった女優をキカタン(企画単体の略)などと呼ぶことがある。企画物に出る女優の中には、親バレなどを避けるためパブリシティーを制限している例が多く、容貌がきれいであっても単体女優にはなれない(あえてならない)。そのためにギャラが安く抑えられている。結果としてレンタル向けビデ倫系ビデオではなく、インディーズ系への出演が多い。こういったギャランティが安いのに人気が高く、企画に凝らずともビデオが売れるキカタン女優が増え、2000年代初頭はキカタン女優がブームとなった。キカタン女優の代表例は長瀬愛、堤さやか、笠木忍、桃井望などで、前記4人はインディーズ四天王などと呼ばれたことがあった。この点、本来の意味での「企画物」と、少々意味合いが異なってきた部分もある。 ※企画のジャンルについては、あらゆるシチュエーションがあり、その組み合わせの多さから、数限りなく存在し得るため、ここでの列記は避ける。裏ビデオの項も参照。 ザーメン・ぶっかけ・BUKKAKE 精液にこだわった作品(ザーメンもの)、いわゆるぶかっけなどは特にBUKKAKE(発音は「ブッカキー」)として、SUSHIやSASHIMIの様に海外でもある程度の定着が見られ、2005年頃、日本からアメリカメジャーリーグに渡ったプロ野球選手松井秀喜に対して、スタジアムではよくこの「BUKKAKE!」とのヤジが飛んだという。藤木はこれをアメリカのワルガキ共が知っている程度には定着しているものではないかと分析している。また同書では、英語版ウィキペディアのBUKKAKEの項目での、BUKKAKEがアメリカに持ち込まれた経緯についての記述にも言及している。これは藤木が確認した時点で、若干の事実誤認があるものの、日本語版よりも詳細であったとしている。なお持ち込んだのは松本和彦、持ち込まれた作品は南口るみねの『'95決戦』。これは南口が100人分の精液を飲精する内容で、時期は1996年7月、ハリウッドでのポルノ物産展「Video Software Dealer Association」で上映された。あまりの内容にFBIは、これは虐待だと上映の中止を求めたと言い、これがまた話題となったらしい。なお日本におけるザーメンものの嚆矢はラッシャーみよしである。1980年代当時風俗ライターであったみよしがファッションヘルスなどで行われていた飲精という技術またはプレイを「ごっくん」と表現していた。また1984年頃以降には雑誌『SPARK』(白夜書房)のグラビアですでにぶっかけが、それも白夜書房編集者有志である男性モデル数名全員がぶっかけるようなものがみられており、「ドピュドピュ」という擬音も用いられていた。その後、1985年頃より村西とおる、豊田薫らにより「(フェラチオを含む)顔面シャワー」が定着する。そして1986年、雑誌『マスカットノート』12月号でみよしの顔射企画「ミルキー・ドールズ」が開始され、大ヒット。みよしは1988年、AV業界に転身する。初作品は1989年2月の『ダイナマイトスペルマ 藤沙月』であり、顔射は計7発であった。藤木 (2011) によれば、はっきり顔射・ザーメンにのみに注目した作品は恐らくこれが業界初である。その後みよしはドイツ人ポルノ女優「マンディ」の、口内射精された精液を5分も10分も口中で弄ぶというプレイに強い感銘を受け、更なるザーメンビデオを探求しはじめる。なお当時としてはマニアックな題材であったため当初は自主製作ビデオに近いかたちでの供給であった。しかしその後のAVの隆盛の結果、十分な市場を得るに至っている。 なお前述の松本は1994年にみよしと出会い。 バイブロボット・アクメマシーン・電動ドリルバイブ 電動ドリル、重機のような威容を誇るマシンにディルドーを据え付け、それを女優の性器に挿入。容赦のない激しいピストン運動や回転運動で女優を絶頂に至らせる(アクメ拷問)というジャンルである[76]。このジャンルの嚆矢としてはベイビーエンターテイメント/ディープスの『女子高生マシンバイブ』シリーズであるとのことである。その他、自転車を漕ぐとサドルのディルドが上下するソフトオンデマンド『アクメ自転車がイクッ!』などの作品もある。機械的なものが登場する作品としては、日本では2001年『愛玩女獣2 坂井ありす』で自転車のリムに突起物を取り付け女性器を機械的に刺激するものが登場しているが、これは挿入を伴っていない。2002年『犯乳病棟』では巨大なドリルバイブが確認できる。海外でもアメリカ・KINK社による「Fucking Machine」というものがあり、同社は2001年頃にはこのジャンルに参入している。藤木 (2011) では、手持ち式でも固定式でもない、まるで重機またはロボットの様なマシーン、日本の「アジアンドラッグ1号」が紹介されている。なおこのジャンルでは、男優が画面に映り混まない事が重要視される傾向が有るとする向きがある。なお、AV女優側の証言としては、『爆走!イヌ型アクメマシーンBOWWOW』(ROKET)に出演した長澤リカが、強烈なピストンを受けながらも「案外いいかも」と言及した例がある。また機材の制作者曰く、女性器は意外と力が強く、マシンの方が駄目になってしまうこともあるとのことである。 シーメール・ニューハーフ シーメールとニューハーフは境目が曖昧であるが、本項では便宜上シーメールに統一する。 アメリカでは1980年には存在していたジャンルであるが、これが輸入され紹介されたのが嚆矢とみられる。日本製としては1986年、映研『シーメール ちえみ』が最初であるとみられる。これは主にゲイショップで販売されたものであった[86]。主演のちえみは単なるゲイと紹介したライターもいたが、身体は、特に尻などは女性のものであったという。だが当時の日本のAVはモザイクが濃く、シーメールものの要である陰茎が確認できない点ではものたりないものであったという。また、AV監督の山本竜二によれば、シーメールたちも(女性ホルモンの影響もあってか)勃起すらしなかったという。この辺りの性表現ではむしろマンガの方が先行していた。90年にはシーメールを越えた、純粋かつ単純に陰茎を備えたのみの女性、「ふたなり」が登場している。 その後1995年から1996年にかけてシーメールというジャンルはそれなりの市民権を得る。1996年、山本竜二、新東宝SODOM『シーメール天国 両性具有の優越』(主演女優はフィリピン人のTARA)では、恐らく日本AVで初となる、シーメールの射精が実現した。監督の山本もやはり射精については重要と考えていたようで、たまたま金銭的な問題で女性ホルモンの投与を打ち始めたところで射精可能なTARAを採用したと言い、またTARAがいなければ日本のシーメールAVはいまだ勃起すらなかったかもしれない、とまで語っている。 2002年にはマンガの後を追う形で、女優(この女優は完全に普通の女性である)がペニスバンドを装着して男性的オナニーや男性のアナルを犯すという演技を行う『男根少女 広末奈緒』(ドグマ)が発売されている。後続作品も発売され、これは「ふたなりもの」として、一定の形を見る。もちろん、ふたなり女性が女性を犯す設定のものもある。 なお、男優がシーメール女優の陰茎でアヌスを犯される「逆AF」(アナルファック)というものもある。 結局のところ、このジャンルは、生物学上にせよ見かけにせよ、男性が男性に挿入、男性が女性に挿入、女性が男性に挿入、女性が女性に挿入、全てがあり得るのである。 また、シーメールAV女優は2011年に至っても供給不足であり[97]、「芸は売るがゲイは売らない」という向きが強いとのことである。 微乳/貧乳 藤木 (2011) によれば、AVでは比較的豊満な乳房が好まれるが、微乳/貧乳ものといったジャンルも存在する。巨乳という言葉は1980年頃から存在していたが、それがエスカレートしてしまい、Dカップ程度では「美乳」と呼ばれる様になってしまった。「微乳」という言葉の発祥はテレビ朝日系列の深夜番組『トゥナイト2』の構成作家であるようだ。また、微乳が社会的に一定の注目を集めたのは1998年に発売された、当時清純派として人気であった女優、葉月里緒奈の写真集『RIONA』(篠山紀信)の乳房の小ささであったという。前述のトゥナイト2も葉月への反響を受けて微乳についての特集を組んでいる。なおこの嗜好は、微乳好きからすればいわゆるロリコン(幼女性愛)とは相容れないものであるとする解釈も強く、何も分からない少女に不埒な事をする様な事を想像しないでほしい、敏感なおっぱいが好きなのだ、と言ったところであるという。敏感でさえあれば、小さくなくても構わないとする解釈もあり得るようである。 AV業界ではそれを全面に押し出したものは、それぞれ2002年の『貧乳マニア おっぱいスペシャル総集編』(Gap Bust)、2004年の『微乳フェチ Acup・Bcup限定 小さなおっぱい作品集』(SODクリエイト)が初のようだ。ただし藤木 (2011) では、続編が発売されていないことから、後者の方については、売り上げはあまりよくなかったのではないかと推測している。ひとつのブームとなったのは2007年の『はにかみお姉さんの敏感Aカップ 微乳ビンカン美女VS肥満キモメン男優』(渡瀬安奈主演、ワープエンタテインメント)で、貧乳と肥満男性の乳房を比べるような内容のもの。これについての売り上げは不明だが、2010年、『微乳A とっても感じるちっちゃいおっぱい 篠めぐみ』(ドリーム・チケット)は1万本近いヒットとなり、シリーズも2011年までに15本に達している。 なお、やはり胸の小さい女性にはそれに対するコンプレックスがあり、このジャンルが一定の市民権を得るまでには、女優捜しに少々の困難を来していた。だが、「こんな貧相な胸を見せたくない、恥ずかしい」と言った点も大事なポイントであり、貧乳であるが堂々としている女性は採らない、とする制作者もいる。 熟女 意図指摘に熟女を主演とし、それを押し出して発表された作品の嚆矢は1990年6月、「ババァー! こんな私でもAVでれますか?』(マスカット)である。もちろん一般的にAVでは若く清楚な女優が好まれるが、「夢工房シーオーエルディディー」の芳賀栄太郎とADの中野貴雄はそこに斬り込み、56歳の浜野弘子を主演とした熟女物を制作した。ボディーサイズはB104、W115、H130、下ぶくれの顔で、どう見ても美人ではない。だがこの作品は、当時「キワモノ」が流行していたこと、週刊誌で取りあげられたことなどにより700本以上を売り上げた。これはAVメーカーにとって十分に利益のある数字である。なおきっかけは、「会社によく来るヤクルトおばさんや保険の勧誘員をAVに使えないか?」というアイディアからだった。また、熟女女優をマネジメントしているプロダクションなどはもちろん皆無であり、「歌舞伎町の大久保公園(当時、売春のメッカであった)で500円でフェラチオしてくれるおばちゃんたち」の中から、一番若い人を連れてきたということであった。この衝撃的な作品はFOCUS、FLASHで撮影現場が公開されたが、藤木によれば女優の演技がよくなく、作品としてはいまひとつであったそうだ。ただしこれは嚆矢であるが、ブームを作ったものではなく、いわばキワモノである。本格的なヒット作はこの直後に発売された、東美由紀の母親である浅野ともこ主演の『おふくろさんよ!』である。元松竹歌劇団団員である彼女は当時48歳ながらB95、W58、H92、Fカップという見事なボディーを持ち、内容は母と息子の近親相姦ものであった。全体的な雰囲気は古くさいピンク映画といった趣であったというが、淫乱ともまたひと味異なる、成熟した女性ならではのパフォーマンスを発揮していた。この作品は評論家たちには賛否両論であったらしいが、4000本を売るヒットとなった。制作者の芳賀にも予想外の数字で、大いに驚いたという。ただし続編についてはやはり女優のアテが無く、保険の外交員に、ギャラと保険加入を条件に出演してもらうということを5作目くらいまで続けざるを得なかった。その後、このジャンルにも各社の参入が相次いだ。なお、この当時の熟女女優は先述の保険の外交員も含め、専門のAV女優に比べて非常にギャラが安く、1000本程度も売れれば簡単に黒字となった。またAVでの熟女ブームを確立した人物として、監督の海山輝一が挙げられる。海山は『おふくろさんよ!』のビッグモーカルに参入、30代の知的で清潔な美人妻というコンセプトで94年より『マダム倶楽部』シリーズを発表、各作品が1000 - 2000本を売るヒットを記録する。そしてその後の『貴婦人画報』も含め、「美熟女』という概念を確立した。 藤木 (2011) はこの熟女というジャンルが地位を確立した原因を、一般のヘア・ヌードブームにある可能性が有ると分析する。例えば日本ヘア・ヌード写真集の元祖ともいえる島田陽子も、辺見マリも山本リンダも四十路を過ぎた見まごうことなき「熟女」だったのである。藤木AVが先か、ヘアヌード写真集が先かは厳密にはわからないとしているが、いずれにせよ90年代より、熟女ブームが世間に定着したことは確かである。 2011年現在は熟女ものには一定のシェアがあり、必要であればプロダクションからの紹介も期待できるほか、熟女専門のAV女優プロダクションもあるという。なお2011年に至っては熟女ものは最早キワモノでも隙間産業でも無く、品質が求められる時代となっている。また熟女ものの特徴として、作品の旬が長いと言ったことがある。若い女優を起用した作品は3ヵ月程度で売れなくなるが、熟女ものは1年単位、1999年に発売された『お茶を摘む田舎のお母さん』(ルビー)が2011年に至っても売れ続け、また作品によってはVHSでの供給が行われるなど、他のジャンルとは一線を画するものがある。 高齢男優 藤木 (2011) では、1934年産まれ、当時76歳のAV男優「徳田重男」が紹介されており、恐らくは日本の現役AV男優としては最年長としている。74歳時点で既に200もの作品に出演、本人の談では(76歳時点)今なお月に4本の作品に出演し、月に一回は射精も可能とのことであった。1994年にデビューした彼は町内会のヒヒジジイや要介護老人などの役柄もこなし、CNNに特集されるなど、最高齢のAV男優として、一定の著名性を得ている(詳しくは当該項目を参照)。ただし史上最高齢という訳ではなく、FAプロの安田義章は80年代半ばから2004年、85歳まで現役を続けた。なお2003年頃に患った足の怪我で外出が難しくなり引退を余儀なくされ、その後2008年に死去した。 なお熟女物人気シリーズである『熟年夫婦』シリーズ(『熟年夫婦の性生活』など)では、出演者が男女とも素人かつ高齢である。このため男性は常にプレッシャーと他人の目に晒され、勃起が非常に難しいといい[134]、射精にまで至る男性はいないそうである。反面女性は、ローションを用いれば問題は少ないという。 フェチもの フェチビデオは、アダルトビデオ業界かそれに近い業者による、フェティシズムを追求した映像作品のことで、性行為が全く行われていない作品でも成立するのがこのジャンルである。 具体的なとしては以下のようなものがある。 コスプレ 排泄物(脱糞・放尿)や分泌物を口に入れたり顔や身体に掛けたり塗りつけたりする行為(いわゆる「スカトロ」) 泥んこやペンキ(ウェット&メッシー) 食べ物を顔や身体に掛けたり塗りつけたりそこへ放り込んだりする行為 縛ったり、吊り下げたりする行為 チラリズム パイズリ 盗撮(着替え盗撮、温泉、銭湯盗撮、トイレ盗撮) オナニー観察 ゲイビデオ 詳細は「ゲイビデオ」を参照 ゲイビデオは、主にゲイ(男性同性愛者)やバイセクシュアル(男性両性愛者)向けのアダルトビデオのことであり、ゲイAV、ホモビデオなどともいう。男性同士のアナルセックスのみならず、その中でも男性のオナニーやフェラチオをはじめとしたさまざまなジャンルのものが見られる。詳細は当該項目を参照。 その他 初体験もの  初めての性体験を作品にしたもので、処女喪失ものと童貞喪失ものに分かれる。 野外露出もの  おもに、山林、海浜など人目につかない大自然の中での性行為(野外プレイ)を取り扱ったものと、人目がある場所での性行為(露出プレイ)を取り扱ったものの2種類に大別される。野外プレイでは開放感溢れる屋外での性行為を売りにしたり、露出プレイでは露出狂とされる女優が公共の場で裸になったり、性器を露出したりする。 レズ物  真性のレズビアン女優、素人、AV女優、無名女優同士が貝合わせ、お互いの乳首を触らせる、ペニスバンド、ディルドー、電マ、バイブでの性行為、唾液交換などのシーンを見せる。 虜辱物  AV男優が女性を襲い、レイプシーンを撮る。 SM  厳密にSM行為に区分けされるものから、女優単体ものなどアダルトビデオのメインストリームの作品に緊縛などSM要素を含むものまで存在する。 アダルトアニメ  実写による撮影ではなく、アニメーションを用いたアダルトビデオについてはアダルトアニメの項目を参照のこと。 コスプレAV(キャラクター物)  女優が特定の漫画やアニメ、ゲームのキャラクターのコスプレをし、元ネタになった作品に基づいた寸劇を演じながら性行為にもっていくというもので、フェチ目的のコスプレ物とは別物である。基本的には企画物であるが、女優物としてリリースされることがある。 女性向けAV  女性を対象とした内容のもの。清潔感のあるイメージの映像であったり、女性受けのする男優が出演している。HOW TOを交えたものや、恋愛ドラマの形態をとっているものが多い。 着衣物  コスプレからの派生系で制服、私服問わず完全に裸にせず最低限の露出や服を着せたままで性行為を撮る。(例:ワイシャツのボタンをはだけさせる、シャツとブラジャーを捲るなどして胸の乳房だけ見せる。スカートを履いたまま、ボトムスだけ脱がし下半身のみ裸、パンツのクロッチ部分をずらして挿入。)男優はファスナーから性器を出しただけかボトムスだけ下ろした体勢が多い。

SMにおける調教

SMの世界では、前述の侮蔑的な意味を踏まえて人間に対し調教を行う。これは世間の一般常識に慣らされてしまっている相手に対し、SM的手法による性的快楽を促すためのものである。 具体的には、羞恥心は誰もが持っているものであるが、その羞恥心によって性の喜びを享受しきれない場合もある。例を挙げるなら、「緊縛されたり、鞭打たれたり、浣腸されたりすることで快感を覚えることが変態性欲であり、それが異常だと思っている」相手を、「緊縛や鞭打ち、浣腸(その結果の、他人の眼前での排泄なども含む)という行為で快感を覚える、現実の自分自身を恥じないようにする」、そんな一種の教育をSM世界での「調教」と呼ぶ。 またあるいは、被虐者が責め手のきびしく淫猥な責めプレイなどに耐えかねて、「その羞恥や苦痛、恥辱から脱したい、もしくは周囲の人間に救いを求めたい」、などと思いかけた際に、「その思いを上まわる快楽やSMプレイへの欲求を、被虐者の心身に修得させ、改めてSMの世界に引きずり込む」ことも、同様の「調教」といえる。 ただし、あくまでSMプレイの範疇であり、精神的に追いつめると、意図しない結果を招くこともある。一般的に肉体的精神的苦痛を受けた人間は、苦痛を与える人間に従順になり、ある程度の命令に従うようになる。その傾向が強くなると、暴力ですら好意的にとらえ、相手に依存感情を持つ場合すらある。これはSMとは関係ない人間の適応機制の一種であり、防衛反応の一種である。

鬼畜とは

鬼畜(きちく)とは、もとは仏教用語で、仏教の概念である六道のうち、餓鬼と畜生の二道をあわせた「餓鬼畜生」の略語である。 上記の用語が転化を重ねて、人を人とも思わないような残酷な行為、また性的行為を含む非道な行為をする人間を指して言うようになった。 上記の通り、鬼畜とは本来は餓鬼道と畜生道の二道を表す用語である。 この二道には、俗神や自然神、そして鬼神(きじん)なども配せられたが、鬼神は悪鬼としての意味も含まれるようになった。そうしたところから、鬼・畜生(おに・ちくしょう)の略語として考えられるようになった。またこれが転用されて、今日使われる一般的な用語として、残虐非道な行為をする人に対して「鬼畜」と呼ばれるようになった。 この残虐非道な行為としての鬼畜という概念を一般に定着させた代表的な存在としてマルキ・ド・サドの一連の作品、特に「ソドム120日」が挙げられる。殺人・強姦・屍姦・カニバリズムなどの反社会的・反倫理的行為がこれに相当する。 アダルトアニメなどのサブカルチャーにおいて、SM・レイプ・スカトロジーなどの行為が「鬼畜系」(または「陵辱系」)と称されている。これは、度が過ぎるサディストを指した用語でもある。 性格類型の一つとして、嫌がらせなどといった精神的にも悪影響を及ぼす陰惨な行為や、徹底的な屈辱を与える行為(奴隷として利用など)を平気でする人を「鬼畜」と呼ぶことがある。「極悪人」(「極悪非道」)の象徴として用いられることもある。

スパンキングとは

スパンキング(spanking)は、体罰や性的嗜好により、平らな物や平手でお尻を叩くこと。欧米で盛んである。 サンフランシスコでの2004年フォルソム ストリート フェアーで。 1780年頃 スパンキング ベンチ スパンキングがお尻叩きの総称となっている感があるが、叩く道具によって呼び方が異なる。即ち ケイニング(ケイン、籐) スリッパリング(スリッパ) パドリング(パドル) ウィッピング(鞭) 等であり、特に平手でのスパンキングは英国ではスマッキングと呼ばれる。 なお、これに類する行為“尻叩き”は別項で記述する。 体罰としてのスパンキング 体罰、躾としてのスパンキングはディシプリンスパンキング(discipline-spanking)と呼ばれ欧米では長い伝統を誇るが、特に子供へのスパンキングには賛否をめぐって激しい論争が繰り広げられている。 そしてスパンキングは、とても締まりがよくなるため調教にもよく使われる。 性的嗜好としてのスパンキング 性行為中や前戯の一環としてお尻を叩くこと、或は叩かれることに性的興奮を覚えること。ラブスパンキング(love-spanking)。一般にBDSMの一分野と見なされるが、当のスパンキング愛好者はそうは思わないことが多い。一説には、叩かれた瞬間に締まりが良くなるとか、挿入感がより強くなるともされているものの、乗馬やロデオを意識してのプレイにも繋がるものがあるとされている。こちらもやはり欧米に愛好者が多い。

イラマチオとは

イラマチオ (英: irrumatio、irrumation) は、オーラルセックスの一種で、男性が立ち、ひざまずいた相手の口の中に男性が自らの男性器を入れて、相手の頭部を手で持って前後させることにより男性器を相手の口に出し入れする行為。語源はラテン語のirrumo(授乳する、吸わせる)の名詞形irrumatioから来ている。語源通り、イラマチオをするのは男性であり、イラマチオをされるのは男性器を口に含める側である。 また、「マラ」との語句の類似、若しくは「フェラチオ」の尾音が”ラチオ”であることから「イマラチオ」と誤用・誤読される事がある。 フェラチオとの違い イラマチオとフェラチオの違いは、フェラチオでは男性器を口に含める側が主導的に行為を進めるのに対し、イラマチオでは男性が主導的に相手の口の中に自身の男性器を入れる点である。 男性が立ち、ひざまずいた相手の口の中に男性器を入れて、相手の頭部を手で持って前後させたり、仰向けに寝かした相手の上に座り、相手の口の中に男性器を根元まで入れて、男性器を相手の口に出し入れしたり、相手を苦しめることにより、男性が自身の性的快楽を得られるようにする。 男性器を口に含める側は、男性器を歯でできるだけ傷つけないように顎と舌を動かすことを男性から期待されるが、実際にはそのようなことを行なうのは困難であるので、男性器が入るくらいの大きさの穴を持つ器具を相手の口にはめて、イラマチオを行なうこともある。

性行為とは

性行為(せいこうい、仏: Rapport sexuel、英: Sexual intercourse)とは、性欲に基づいた行為。男女間の性器の接触や性交などの行為のこと。 人が性的欲求に触発され、複数で行う一連の行為のことであり、しばしば快楽や愛情表現を伴い、必ずしも生殖には結びつかない。主に一組(カップル)の男女が性交(交尾)を行うことであるが、人はそれぞれ様々な性的指向を持っており、同性愛のそれなども含めると、「性行為」が指す範囲は幅広い。 性行為という表現は、性に関する行為全般を広く漠然と指しうるものであるが、文脈に応じて典型的なそれを指したり、稀なそれを指したりしている。異性間の性交は、典型的には男女のキスから始まり、互いの体を愛撫し、膣への指挿入、クンニリングス、フェラチオなどの行為(前戯)を行って、興奮を高めたのち、性交(セックス・性器結合)に至るものであるが、特に同性間の場合などに、オーラルセックスのみで完結することもあるなど、人間の性行為は様々な形態を取りうる。従って生殖器以外(乳房や乳首、尻など)を刺激する行為も含まれる。 しばしば「本来、子孫を残すために行うもの」「生殖本能によってするもの」などと言われることもある行為であるが、実際にはそればかりではなく、パートナー間のコミュニケーションの手段や、快楽を伴う行為自体を目的として行われる場合も多い。 様々な説明方法があるが、典型的なものから説明してゆくと、 男性(オス)の勃起した性器を女性(メス)の性器に挿入することは典型的な性行為であり、性交あるいはセックスという。人間以外の動物の場合は「交尾」と言う。射精の有無は問わない。 性交を行う前には前戯を行うのが一般的である。それは感情的、肉体的に性的興奮を引き起こすことを目的とする。また、精神的な融和を促す。前戯を行わず性交を行うことはしばしば女性に苦痛を与える一因となる。女性は性的興奮を感ずると意思によらず膣部より膣分泌液を分泌し、女性器は湿潤となり、それにより膣部の摩擦係数が減少し、ペニスの挿入を受容する準備となる。 人間や高等哺乳類では同性間で性行為が行われることもある(同性愛)。 勃起したペニスを相手方の肛門(アヌス)に挿入する性行為をアナルセックスという。相手方は男子または女子である。 性行為は2人(カップル)で行うのが一般的であるが、3人以上で行われることがある。3人で行う性行為(性別の組み合わせは様々)は3P(3人プレイ)などと俗称されている。同様に4人の場合は4P(4人プレイ)などという。1Pは(ふつう性行為とはいわないが)自慰の意味に使用することがある。グループセックスは4以上の人数で行う性行為を指す。 強姦は、性行為を行う意思が一方にはない性行為のことである。強要された性行為は、強要された側からすれば自身の人格の否定と感じられるものである。また生殖能力を失ってしまう場合もある。強姦は多くの国の法律で重い犯罪とされている。ただし、強姦罪となる要件は国によって違いがある。たとえば日本では、相手方(女性に限られる)が13歳以上の場合は、暴行または脅迫を手段として姦淫(女性器に男性器を挿入する行為)することが強姦罪の要件であり、女性が13歳未満の場合は、単に姦淫するだけで強姦罪が成立する。一方、現状では、男性に対する強要を伴う性行為すなわちメイル・レイプを行った者を強姦罪の処罰の対象として扱っていない国も日本をはじめとして数多い。 専ら金銭を目的として行われる性行為がある。「売春は人類最古の職業」としばしば表現されているほど古くから存在しており、現代では風俗業、風俗産業、性産業などと呼ばれている。近年では援助交際、アダルトビデオ出演など。これらの行為は国によって一部又は全部が犯罪となる場合がある。 古くは、性行為というのは原則的に夫婦の関係にある者同士だけで行うもの、と見なされていたが、近年の日本では結婚していない恋人同士でもごく一般的に行われるようになった。最近では夫婦でも恋人でもない者同士で、金銭の授受もなく性行為を行う場合がある。この場合の相手方をセックスフレンドという。戒律などの厳しい国においても、これらの性行為の一部について犯罪とされまたは社会的制裁を受ける場合がある。 適切な避妊がされない性行為においてはその行為により妊娠の可能性があるため、妊娠を望んでいないのに女性が妊娠にいたる可能性がある。 両性が無防備な状況のおいて性行為に至った場合において、異性がもしくは自身が性感染症に感染している場合、性行為感染症を広げる可能性がある。 性交を伴わない性行為もあり、ペッティングと呼ばれている。オーラルセックスなどはこれに含まれる。 女性は好きな人にバストを揉んでもらう[3][4]などの性行為を行うことによって女性ホルモンの分泌量を増やすことができる。ただし、性行為による女性ホルモンの分泌量は心理的な要因で変わりやすく、気持ちがこもっていない時や昂ぶっていない時などは分泌量を増やせない場合がある[5]。思春期の女性は女性らしい体つきや妊娠できる身体などを作る上で女性ホルモンの分泌を促す事は重要であり、思春期のバスト形成期[6]に女性ホルモンの分泌が多くなると大人のバストになったときに大きなバストになるが、思春期は低年齢のため後述する様々な問題がある(開始年齢と若年の性行為を参照)。 パートナー無しでも行われるオナニー(マスターベーション、自慰)も性行為の一種である。だが「性交」には含まれない。 性交 性交とは、勃起した男性器(陰茎)を女性器(膣)に挿入する行為を指す。膣壁と亀頭・陰茎が互いに摩擦し合い、男女とも快感が強まり、性的に興奮する。 挿入後に陰茎、特に亀頭を前後に動かすと、膣の周りの筋肉が収縮することで互いの性器により強い官能的刺激が加わり、さらに陰茎の動かし方が早まるにつれ、快感が高まる。(ピストン運動、en:pelvic thrust)性器同士のリズミカルな摩擦により、性的興奮が最高潮に達した状態をオーガズム(オルガスムス Orgasmus)といい、男性は絶頂感とともに射精し、女性も膣の収縮などの現象が起こり、エクスタシーの状態に達する。ただし男女が同時にオーガズムに達することは稀である。男性が女性器の中(膣内)に直接射精すれば、精液に含まれる精子は卵子を目指して子宮に向かい、受精し、着床すれば女性は妊娠する。(膣内射精) 男性は射精の直前から直後にかけて比較的簡単にオーガズムを得られるが、女性側は性交を重ねていてもオーガズムを味わえない場合がしばしば見られる。 動物の性交交尾は遺伝子の交配を行うための繁殖行動として行われ、一般に発情期がある(少数ながら例外もある)。一方、人間には発情期は特にない。繁殖行動として性交をすることはむしろ少なく、快楽を得る目的や、コミュニケーションの一つ等として様々な形態の性行為を楽しむ。避妊技術が進んだことで、手軽に性交を楽しむ男女が急速に増えつつある。 性交の体位 人間の場合、生物学的に様々な性交体位(体位)を取ることができる。現代日本では男性が女性の上から被さる形の正常位(正しくは通常位)が一般的と考えられるが、文化によって差異がある(後述)。 哺乳類のほとんどは雌の後ろから雄が覆い被さる後背位である。人間以外では、ピグミーチンパンジー(ボノボ)、オランウータンが正常位による交尾を行うことが知られている。 言葉 「性交」「セックス」という言葉を口にすることに抵抗感を持つ人は多く、様々な言い換えが行われている。 表現例 初めて性交を経験することを男女ともに初体験(はつたいけん、しょたいけん)と呼ぶ。特に断りがなくても、「初体験」という言葉だけで性交を意味する場合が多い。 「やる」「する」などの代動詞、指示代名詞の「あれ」(it)が文脈上性交を意味する場合もある。 「まぐわう」(“目交う”から来たという説あり)、「寝る」、「愛し合う」とも。「(異性と)寝る」と言う場合、しばしば性行為を伴うことを意味する。英語でもbedに定冠詞theをつけて“ベッドへ行こう”(普通の「もう寝よう」ではなく)と言った場合にこちらの意味になる。また"make love"も元来は「(〜に)求愛する」という意味だったが、現在では「(〜と)性交する」の意味で使われる場合がほとんどである。 夫婦同士による性交は子作りや夫婦の営み、夫婦生活などと言われる。 歌謡や文学では「朝を迎える」「夜を越える」等の遠回しな表現も多く用いられる。 本来人間以外に対して使われる「交尾」を俗語として人間の性交の意味をさして使うこともある。 日本特有の表現 文学表現 季節を意味する「春」は、色情、淫欲、売淫なども意味し(春情、売春、「春を鬻ぐ」、「春を売る」など)、転じて性行為そのものを指す場合がある[7]。 古くは「枕を交わす」「情を交わす」といった奥ゆかしい言葉もあった。その他「肌を合わせる」「体を重ねる」「抱く」など、性交を示す言葉はいくつか存在する。 「聖書」の日本語訳では「知る」という言葉が性行為を意味する。「アダムは妻エバを知った[8]。」など。 俗称・スラング 日本では未婚の男女間の性行為にラブホテルが用いられることが多いため、男女が性的関係を持つことを婉曲的に「ホテルに行く」と言うことがある。 主に学生の隠語で、A・B・C・D・Eという言葉があった。それぞれキス・ペッティング・セックス・妊娠・妊娠中絶を意味した。 より抵抗感の少ない「エッチする」という言葉が使われている例がある。(エッチの語源は変態(Hentai)もしくは、破廉恥(Harenchi)の頭文字と言われる、またテレビでエッチするとはじめて使ったのは明石家さんまもしくは島田紳助と言われている)。また、単に「シよう」「ヤろう」と言う言葉でも場合によっては性交を意味する。一方で、より卑俗な表現として「ファック」が用いられることもある。 性風俗店などで、フェラチオなどの性交類似行為と区別して、性交そのものを「本番」と称する。 最近のインターネットスラングでは「セックス」をもじって、「セックル」「セクース」「セクロス」などと表現されることもある。その他、ベットの軋む音「ギシギシ」と女性の喘ぎ声「アンアン」を合わせ、「ギシギシアンアン」または「ギシアン」と呼ばれたりもする。 神話における性交 日本書紀には神々(イザナギとイザナミ)は鶺鴒(ニハクナブリ)が交尾する様をみて、子を成す方法を知ったとある。こういった伝説のため、古来日本では結婚と鶺鴒の縁は深い。セキレイは結婚と交接を象徴する鳥となっている。 性行為に関わる民俗(性風俗) 詳細は「性風俗」を参照 日本の性風俗 西日本においては、かつては夜這いという風習があった。夜間、他人の家に押し入り、未婚の女性と性交を行う行為である。複数の男と関係を持った娘が妊娠した場合、その娘は子の父親として若衆宿の好きな男性を指名し、指名された男性はそれを受け入れることが求められた。将来の夫婦(許婚)など双方の家族が暗黙の了解のもとに行っている場合もあった。この習慣により村の団結が強化された。 古くは筆下ろし、水揚げといって年頃になった若者に、遊郭で実地の性教育をほどこす風習があったという。13歳など一定の年齢に達した男女に対し、大人が相手をして性教育をしたとされる。当然、結婚まで処女・童貞を守るという発想はなかった。ただし武士の娘は処女性が求められた。 江戸時代は、男女間の性行為は厳しい規則があった。夫婦関係にない男女間の性交は、不義密通と呼ばれ、「御定書百箇条」では不倫の現場を押さえた夫が、妻と相手の男を殺しても罪にならないとされた。この場合、女性の不貞に対しては厳しい制裁が課せられたが、男性のそれには寛容であった。しかし相手が人妻の場合は別で、表沙汰にするのは外聞が悪いということで実際には金銭で片を付けることが多かった。刑罰としては数日間晒し者にされて、遠島もしくは江戸所払いなどに処せられた。 欧米圏の性風俗 西欧では領主が初夜権を持っていたと言われる(結婚した女性と初めて性交するのは新郎ではなく、領主であった)。ただし、この初夜権は、ほとんどの場合、新郎が代価として金銭などを支払うことによって領主から買い取ることが通例となっていたため、実質的には新夫に対する一種の「結婚税」としての性格を持っていたと言える。 性交と結婚 結婚制度は性交を社会的に管理する役割を持っている。本能のままに行動していては、子の養育などの責務を果たさない者が増加する恐れがあるからである。結婚制度は、夫婦間の結びつきを強め、家族機能を保障するものである。 結婚しているにもかかわらず、配偶者以外の異性と性交をすることを姦通と言い、やや遠まわしに「不倫」と言う。結婚している者が配偶者以外の異性と性交を行った場合、姦通罪に問われる国もある(例:韓国、第2次世界大戦までの日本)。 ただし、韓国の姦通罪は男女共に罰せられるが、日本の旧刑法における姦通罪の場合、罰せられるのは女性のみであった。 夫婦が性交を行う頻度は当然各々違うが、国によっても差異があるようである。Durex社のGlobal Sex Surveyでは、日本人の性交回数は、諸外国と比較すると少ないとされている。近年は、性交がほとんどない夫婦をセックスレス夫婦と呼ぶことも多い。厚生労働省の調査によると、1ヶ月以上性交渉のない夫婦をセックスレスとみなした場合、日本の夫婦のうち、実に32%がセックスレス状態にあるとのことである。ただし、日本の夫婦においては精神的なつながりが希薄との統計的な資料は存在しない。 人間の性交体位 コンドームメーカーのDurex社の調査によれば、世界で最もよく行われる体位は騎乗位で全体の29%。続いて後背位が28%、正常位(正しくは通常位、対面男性上位)が20%となっている。 現代日本では、男性が女性の上から被さる形の正常位の体位がその名の通り一般的と考えられているが、後背位が日本古来の性交の姿だったと考えられている。 日本では四十八手という体位のバリエーションがある。中国でいう房中術は、単なる体位や技術ではなく、男女の「気」を高める一種の健康法という要素があるという。 性行為をめぐる諸問題 性行為感染症 無症候性キャリアとの性的接触によって性行為感染症になる場合がある。 2004~2007年の報告例[9]。では、男性が性的接触(複数の経路が記載されたものを除く)が1,415例(うち75%が異性間)、女性が性的接触が578例(うち86%が異性間)であったとされている。 詳細は性行為感染症を参照。 性交不能症・性機能障害 勃起不全や膣痙などの疾患によって性交が行なえない、または妊娠できないという問題が生じる。医学的定義では性欲、勃起、性交、射精、極致感のいずれか一つ以上欠けるかもしくは不十分なものを指す。 詳しくは性機能障害を参照。 開始年齢と若年の性行為 コンドームメーカーのDurex社は主要国の初体験の統計を発表している。2005年の報告では全世界平均が17.3歳、一番高いインドが19.8歳、日本が17.2歳、アメリカが16.9歳、最も低いアイスランドが15.6歳であった[1]。 婚前交渉が一般化した近年、初体験を済ませる年代が低年齢化しているとも言われるが、この主張は正しくないとされる。なぜならば、上述のように、過去において筆下ろしといった形で早い時期に性体験が行われていた事実があるからである。赤松啓介など一部の民俗学者が、この点を指摘している。正しくは、性体験における性別や階層による差が縮小しただけと考えたほうが良いであろう。妊娠、性行為感染症などに関する知識も不十分なまま、好奇心あるいは金銭を得る目的で、性行為を行うことは将来に悪影響を残しかねないが、学校での性教育も、こうした事態にうまく対処できていないのが実情である。 低年齢の性交は生殖器が思春期前は発達前、思春期でも発達中であることから、思春期を過ぎた成人に比べて性感染症へのリスクが高く、片方もしくは両方が未熟な生殖器である場合、性交や低年齢での妊娠によって生殖器を損傷するなど生殖器に悪影響が出る場合がある。 女性は思春期での妊娠・出産が、母子ともに悪影響を及ぼすと共に最初の性行為が早いほど高校を中退したり、大学に進学しなかったりする確率が高くなるとして、脳科学者の澤口俊之は「女性は思春期の恋愛期間の性行為を控えるべき」と唱えている。[10] 早期の性行動に関しては様々な調査があるが、2005年の木原雅子が分析を担当した全国高等学校PTA連合会による約1万人を対象にした調査では、高校3年の男子30%、女子39%が経験済みと答えている[11]。また、2002年の東京都内の生徒約3000人の性調査によれば、高校3年の男子の37.3%、女子の45.6%がセックスを経験済みと答えている[12]。これを理由に、性の低年齢化が都会を中心に進んでいるとの主張があるが、これも正しくない。もともと性行動に関しては地域差が見られ、地方は初体験年齢が都会に比べ低いと指摘される。宮台真司は、青森市のテレクラでハントを試みた際、少女に特別の付加価値が付かなかったことを『まぼろしの郊外』で述べている。また、青森市出身の畑山隆則はこの件に関し、「寒いから外ですることがない。結果、屋内でそういうことになる」と述べている。データでも、群馬県のぐんま思春期研究会が2000年に行った約6000人を対象にした調査では、高校3年の男子46.1%、女子42.2%が経験済み[13]、2000年の秋田県性教育委員会の男子197名、女子264名を対象とした調査では高校3年で男子47%、女子50%が経験済みと出ており、また旭川医科大学の公衆衛生学教室による2004年の発表では性感染症を発症していない1年から3年の高校生3200人に対し質問と尿に対する遺伝子検査によって調査を行ったが、それによれば性体験の経験率は男子は35.8%、女子は47.3%であり、うちクラミジアの感染率が男子が7.3%、女子が13.9%であったという報告もある[14]。 初体験をより早く済ませることを同年代の者に誇り、そうでないものを見下したり、コンプレックスを感じさせたりするような風潮が問題視されることもある。キンゼイ報告によれば、性体験の早さと学歴・所得の間には明らかな反比例の関係がある。もっとも、キンゼイ報告自体、調査方法に問題があったとの指摘もあり、また、1940年代、50年代のアメリカだからこそ、そのような反比例関係が存在したのであって、現代においては必ずしも学力には比例しない。それよりも、内陸部か西海岸かといった地域による差が大きいといわれる。 幼児のうちから異性の性器を見る者もいる。日本では、家庭で両親が異性の子と一緒に入浴や着替えを行うことは一般的であるし、異性の兄弟姉妹がいる場合は、彼らの裸体を見ることもある。また、家庭以外でも保育所や幼稚園などでの着替えや健康診断などで異性の裸体を見ることがある。 低年齢と性被害との関連 性的同意年齢に満たない13歳未満の女性と性交すると合意の有無に関わらず強姦罪に問われるほか、成人と18歳未満の児童との性交を取り締まるいわゆる「淫行条例」(例:東京都青少年の健全な育成に関する条例)が、各都道府県で制定されている。余りに低年齢の性のモラルが乱れているとして、例えば竹花豊副知事就任後の東京都では、条例を改正し規制をさらに強化しようとする動きが起こっている。また、女子中学生の間で、いわゆる「ヤオイ系漫画」「801系漫画」という男性同性愛を描いた漫画が流行しており、アナルセックスやフェラチオといった性描写が女子中学生の初体験年齢を早めていると指摘されることがある。しかし、男性同性愛漫画であることから現在のところそれらへの規制は弱い。さらに、18歳未満の児童同士の性交も同様に取り締まるべきという意見もあり、実際奈良県では2006年に「奈良県少年補導に関する条例」が制定され、18歳未満の性交は補導の対象になっている。だが本来個人のプライバシーの領域である性に、行政が干渉することを批判する意見もある(石原慎太郎など)。また、18歳未満の児童に成人を誘わせて性交させた後、淫行条例での被害届を示唆して金銭を喝取する事例もある。 沖縄県などでは望まざる初体験が少なくないことも指摘される。沖縄タイムスが1998年に行った調査では、沖縄県の大学生の性被害率は、強姦・強姦未遂に絞っても女性の15.3%、男性の2.7%という結果になっている。また、沖縄県では沖縄米兵少女暴行事件など、米兵等による強姦が行われていることも報道されている。1972年の本土復帰以降、米兵による強姦の発生は明るみに出ているだけでも120件以上に上る。 近親者との性行為 人類学的には、インセスト・タブーは全人類普遍的であることが報告されている。また、イスラエルのキブツの研究、あるいは台湾のシンプアの研究から、例え兄弟でなくても幼い時期に社会的接触の多かった男女同士は、成長すると互いに距離をとるようになるため、彼らの間に恋愛感情は生まれにくいという事実が判明している(ウェスターマーク効果)。ただし親族をどのようなメカニズムによって避けているのかに関しては諸論があり、短期間の性行為が起こる可能性までは否定できないという意見もある。キブツを調査していたメルフォード・スパイロは、思春期に教育の影響で強く感情が抑圧されるとウェスターマーク効果のような現象が起こりうることを指摘している。 性的経験・性的虐待に関する調査結果においては近親姦の発生率も調べたものがあるが、それらは比較的高い発生率を示唆している。アメリカのキンゼイ報告では、近親者による性虐待を受けた経験がある女性は、全体の5.5%(うち実父・継父が1.0%)とされた。キンゼイ報告については保守的な時代に作られた報告書で、女性が性に対する調査に正直に回答すること自体が白眼視される時代であるため、アンケート対象が赤裸々な報告をする「特殊な層」に偏っている可能性があり、必然的に様々な質問に回答をするパーセンテージも高くなっている可能性もあるとの指摘もあった。フェミニストのダイアナ・ラッセルが1978年に行った、サンフランシスコの女性930人を対象にした調査では、18歳までに女性の16%が近親者による性虐待を報告しているとされる。また、社会学者デイビッド・フィンケラーが1978年に行った、大学生を対象にした調査によれば、男性の10%、女性の15%が兄弟姉妹との性的行為を体験しているなど、様々な調査報告がある。日本のデータはアメリカに比べると少ないが、五島勉の『近親相愛』(1972年)では、女性1229人中4.7%に近親姦あるいは未遂の関係があったと述べられている。 近親姦が必ずしも虐待的とは限らない可能性もあり、フィンケラーによる兄弟姉妹間の近親姦調査では、虐待的なのは4分の1程度だとされる。その行為が性的自尊心に対しどのような影響を与えるかに関しては、近親姦の体験年齢に左右される面があるとしている。9歳以降ならば性的自尊心は強くなることが多いが、9歳以下の場合、性的自尊心が低くなってしまうことが多い[2]。 アメリカでは1970年代に、近親愛を認めるべきという思想から、刑法典における近親相姦罪の規定の撤廃が訴えられたこともあったが、子供への性虐待の可能性に目が向けられたため、そのような発言は反発を受けていた。この問題は現在でもしばしば話題にされる。 「近親相姦」も参照 集団生活における性行動 男女が一緒に集団生活をする場合、一般に性行為は禁止される。これは、異性を取り合うことにより集団間に葛藤が生じるのを防ぐためである。遠洋航海を行う艦船内や、南極観測越冬基地内などでは、一般に男女の恋愛が起きないように指導されている。 高齢者の性 高齢化社会を迎え、高齢者の性も注目されている。高齢者同士でも、男女が互いに性的魅力を感じることや、性行為を行うことは、決して珍しいことではなくなっている。閉経後は妊娠の心配がなくなるせいか、女性の性欲の強さは増加する傾向が認められている。高齢者の場合、性交までいかなくても、抱き合うことやクンニリングスやフェラチオで性的な満足が得られる。高齢者の性交では勃起障害や膣の分泌液(愛液)の不足などが問題になることが多い。人生の質を高めるためには、これらの問題をタブー視せず、治療や改善の工夫を行うとよい。 その他 着衣の有無 現代では、性行為全般で全裸または、性交以外の性行為では衣類の全部または一部を着用したまま行うことがあっても性交を行う時は全裸になるの二通りが一般的となり、衣類の全部または一部を着衣したままでで性交を行うことを特に着衣セックスと称して区別することもある。 しかし、古くは江戸時代の春画にも見られるように、プライバシーの保てない住宅事情や室内保温が十分ではない住宅環境等のため、第2次世界大戦前は一般に裸になる方が珍しかったという。日本では夫婦が子供を挟んで川の字になって寝ることが多く、子供が目を覚まさないように気を付けながら性行為を行った。このため、子供が目を覚ましたとき明らかに両親の性行為が分かるような行動を避けたものと思われる。また、時間のないときや第三者に見つかるおそれを伴う場合は、下半身のみ出した状態などで行うことがある。この点着物は都合の良い服装であった。 また、服装への偏愛などからコスプレなどの衣装を身にまとい性行為を楽しむ場合もある。この場合も性交を行う場合は全裸の場合と着衣セックスの場合がある。 性行為の時間(長さ) 全世界で26%のシェアを持つコンドームメーカーのDurex社は主要国のセックス時間の統計を毎年発表しているが、その調査報告によれば、アメリカ19.7分、ドイツ22.2分、スペイン21.7分、イタリア20.1分、最長はイギリスの22.5分で、最短はタイの11.5分であり、全世界平均は19.7分であり、日本は19.5分である[15]。ただし、この統計はペニスを挿入してからフィニッシュまでの時間である。アメリカなど世界的には時間をかけて丹念に前戯を行った後のセックスであるため、実際にはこの統計より長いセックス時間となっていると推測されているのだが、日本では前戯が短く、すぐにペニスを挿入するためそのままの時間である可能性が高い。 人前での性行為 通常、性行為は自分とパートナー以外の第三者に見つからない場所で行われるが、第三者に見つかるおそれのある場所や、あえて第三者の前で行われる場合もある。一般には変態性欲の現れとみなされるし、露出狂などと揶揄される場合もある。公然での性行為は、法的には犯罪である。刑法 第23章 第174条 公然猥褻罪参照。 第三者に見つかるおそれのある状況として、自動車内(カーセックス)、公園、山奥、海岸、路上などの野外(青姦)、カラオケボックス、混浴の温泉、会社の倉庫や非常階段などで行う場合が考えられる。この他に自宅であっても第三者が家の内にいる場合も含まれる。 あえて第三者の前で行われる状況としては、何らかの金銭目的の場合や、同好の士が集団で行う場合などが考えられる。 ストリップ劇場で「白黒ショー」と称して、男女の出演者(プロ)が性交の様子を見せることがある。あくまでショーであるため、男性は射精をしないという暗黙のルールがある。また「生板ショー」と称し、希望する観客と踊り子に舞台上で性交を行わせることがある。生板の場合、客は避妊具着用のうえで射精してもよい(1972年 - 1985年迄はよく見られたが、1985年の新風営法施行により取締りが厳しくなり、現在は都会の劇場では、ほとんど行われていない)。 アダルトビデオの撮影はカメラ・監督・照明・メイクなど数人のスタッフの元で行われる。慣れない男優の場合、うまく勃たないこともある。また、電車の中や公道上など野外で撮影されたアダルトビデオがある。現行犯逮捕された事例もある。 まれに社会に対する抵抗・抗議などを示すため、公共の場所で行う者もある。 同好の者が集まって、大人数で性行為を行うことがある(グループセックスを参照)。

四十八手 (アダルト用語)

四十八手(しじゅうはって)とは、性行為における体位の種類を表したものである。江戸四十八手とも。この言葉は日本の江戸時代に於いて名付けられたと見られる。体位の数を示したものではなく、相撲の四十八手を真似て名付けられたものである。表裏合わせて九十六手ともいわれる。 決まり手のような名称を付けて各種性交体位を定義したものである。日本の伝統的な性交体位概念である。名称については日本語社会において成立したため、同じ体位でも他の言語社会とは異なる名称が付いている事例が多い。 (クンニなど) 寄り添い 鶯の谷渡り 立ち花菱 岩清水 鵯越えの逆落とし (フェラ) 雁が首 千鳥の曲 (69) 二つ巴 椋鳥 (正常位) しめ小股 しがらみ こたつ隠れ だるま返し 深山 吊り橋 千鳥 松葉崩し テコがかり (後背位) 後櫓 鵯越え 碁盤攻め 仏壇返し つばめ返し 抱き上げ 押し車 (腰吊位) 立ち松葉 (対面座位) 獅子舞 首引き恋慕(紐付き) 帆かけ茶臼 抱き地蔵(椅子座り) (後背座位) 本駒駆け しぼり芙蓉 乱れ牡丹 鳴門 こたつかがり 手がけ 浮橋 (女性上位) 百閉(中国の体位) 茶臼のばし (騎乗位) 流鏑馬 時雨茶臼 宝船 御所車 (側臥位) 菊一文字 (仰臥位) 撞木ぞり 窓の月 (立交位) 立ち鼎 (SM) 理非知らず

膣内射精とは

膣内に精液が入ると女性は妊娠する場合があるので、子供が欲しい場合以外は避妊は確実に行う必要がある。子供を養える経済環境、子育てが可能な体力・気力がない場合中絶することになる。中絶の女性の精神的・身体的負担は相当なものである。計画のない妊娠は女性にとって負担であることも考えると確実な避妊をする愛を持つことが望ましい。しかし現実には男性が一方的に衝動的な膣内射精をする場合があり、女性にとって危険な行為と言える。膣内射精する場合は、性器の直接接触による性行為感染症にかかる危険性がある。不特定多数の相手と性行為をした場合感染すると思われることが多いが、特定の相手としていてもかかる性感染症もある。コンドームは性感染症予防の道具でもある。 また強姦などの犯罪行為は男性が自己の性欲を満たす目的であるため、避妊をしない膣内射精を行うことがほとんどである。女性が強姦により妊娠させられることはその女性の生涯に渡り著しく精神的な障害を与えることになる重大な問題である。最近では警察の科学捜査の向上により精液から血液型やDNAが判明するため、犯人の顔がわからなくても検挙されることが多い。 アダルトビデオの「中出し」 1990年代前半、日本のアダルトビデオでは膣外射精(外出し)がほとんどを占めていた。これは精液が目に見える形で外に出されることにより、見せ場となる射精の瞬間を明瞭にできるという演出上の効果が高いと考えられていたからであると言われる。それまでにも見せ場が膣内射精になる演出の作品も一部存在したが、主流ではなかった。しかし1990年代後半になると膣内射精を好む客層がいることが製作者サイドに認識され始め、”中出し”がジャンルとして登場した。近年のアダルトビデオや出版物においては自然な性交感を演出したり、鑑賞者の性的興奮をより高めるために膣内射精が用いられることがある。 これらのシーンの演出は大きく2つに分けられる。1つは女優が膣内射精を許容する演出の作品で、2000年代前半から半ばにかけてアダルトビデオ作品で広く見られるようになってきた。もう1つは膣内射精に際して激しく抵抗して半ば強姦され、妊娠の可能性に対する恐れや女としての自信の喪失のために泣き叫ぶ様子を演出する作品があり一例として死夜悪レーベル作品(2006年現在)が挙げられる。 擬似精液の使用 「中出し」のアダルトビデオは膣から精液が糸を引いて流れ出すシーンが魅力であるがAV女優の性感染症および妊娠の危険を避けるため、ほとんどの作品が実際には膣内射精を行っていない擬似精液を用いた偽物の中出し(擬似中出し)といわれる。この理由については「妊娠はピルによって回避できるものの、性感染症については検査をしていても潜伏期間が存在するため、性病感染の恐れがあるから」とする見方もあるが、性感染症についてはフェラチオや精液を口腔内に入れることでも罹患する可能性があるのでこの説は理由になっていない。むしろ、中出しに対する心理的な拒絶に起因するものと考えられる。 疑似精液を使った場合、本物の精液と比較して色合いが不自然(白すぎる場合が多い)、量が多すぎる、粘度が低くサラサラですぐに膣から流出するなどの点で見分けがつきやすい。「中出し」か「擬似」であるかを簡単に判別する方法としては、シーンのカット割(映像の分割)があるかないかでも確認できる。擬似中出し作品の場合、膣から流れ出る擬似精液を撮影するため膣から陰茎を完全に抜いた後、擬似精液を膣に注入し、これを撮影する。そのため射精シーン直後に映像が分割されている場合、「擬似」である場合が多い。 しかしこうした手法は鑑賞者にはすでによく知られているためカット割をせず、疑似精液を使用する手法もある。これも射精シーン直前に不自然な抽送停止時間があったり男優が射精直前に股間で不自然な手の動きをする場合、あるいはスポイトから擬似精液を注入する際に生じる「ブチュッ」といった音が生じることなどで「擬似」であることをある程度見分けることができる。このような作品の中には故意に出演女優を騙す演出の後、本当の中出しと勘違いさせ女優が怒る演技を織り込む場合がある。女優の戸惑う演技が中出しシーンのリアリティを向上させている。 実際の「中出し」 しかし、より臨場感を求める作品では実際に膣内射精をしている場合がある。特に月経があがった熟女女優や妊婦女優など妊娠の心配のないAV女優の出演作では、実際に膣内射精を行っていることが比較的多い。また最近は性交後に服用する避妊薬のモーニングアフターピルが海外から輸入されたり、1999年に低用量ピルが認可されるようになってから実生活でも膣内射精が一般化するに伴い本物の中出し撮影が増えたと言われている。 近年では膣内射精人気の高まりを受け、真正中出しにこだわり擬似中出しとの差別化を図るメーカー(モブスターズ)も登場している。 演出 擬似精液の使用に対する鑑賞者の厳しい目を受け射精は意識的に停止させることが難しい点を利用し射精の最中に膣から陰茎を抜き、本物の中出しであることを強調する作品もある。これは「半中半外」と言われる手法でありAVメーカーのモブスターズがその元祖とされ、現在では他メーカー作品でも採り入れられている。上述のように中出しを偽装している作品も多いので、真正な中出しであることを証明するために特別な演出・撮影を行うことがある。 半中半外 射精直前に膣から陰茎を引き抜き膣外で射精を始めてから陰茎を膣へ挿入し直し、引き続き射精すること。男性の射精は始まると本人の意思で止められないため、膣内で射精していることを証明できる。 金玉アングル 男女の性器結合部分を撮影する際、男性の精巣を画面中央に大写しに据える撮影アングルのこと。男性が射精すると精巣およびその周囲の筋肉が不随意運動で動くのが確認でき、膣内で射精していることを証明できる。 チンピク 男女の性器結合部分を撮影する際、男性の陰茎を画面中央に大写しに据え男性の射精に伴い陰茎が不随意運動で動くのが確認でき、膣内で射精していることを証明できる。 「中出し」した精液 男性は女性の膣の中へ直接射精することに精神的満足感を覚える人が多いため、アダルトビデオにおいても本当に中に出しているのかどうかに拘った作品が多い。しかし精液は妊娠させるための物質であり、膣内に留まり子宮へ向かう性質があるので実際の性行為で膣内射精してもただちに膣から精液が流れ出すことは少ない。アダルトビデオ作品でも膣から精液がうまく流れ出てこないときにはAV女優に力ませて精液を膣外に流出させようとしたり、AV男優が膣の中に指を入れて精液を掻き出したり、あるいは膣内にカメラを入れて精液が満たされている様子を撮影するなどの工夫が見られる。 射精量や膣の状態(深さや締まり具合)により個人差が大きいが膣の奥のほうで射精した場合、膣分泌液と精液が混じった液体が膣口に滲み出す程度である。子宮へ向かえなかった膣内の精液は一部が女性の体内に吸収されるが、それ以外は射精後数時間(そのまま就寝した場合は翌朝まで)かかって徐々に膣から排出される。膣口近くで射精すればただちに精液が膣外に流れ出す可能性は高まるが、精液が外に流れ出す様子をアダルトビデオ作品のようにうまく見られるとは限らない。 欧米およびキリスト教文化圏における「中出し」 元来膣内射精を生殖行為と見るキリスト教的な考えが支配的だった欧米、とくにカトリック系では婚外性交渉における膣内射精は長らく表向きはタブーとされていた(もちろん実際の性行為では行われてはいた)。しかし昨今では出演者の民族・宗教の多様化などの進展とピルの普及により、海外のポルノでも膣内射精の作品が多く見られるようになっている。なお海外の多くの国では性器にモザイク処理を施す義務が法律で定められておらず、交接部が隠されることのない状態で性行為が撮影される。男優が実際に射精する様子を鑑賞者が視認することができるので、疑似精液を膣に注入するなどの小細工は利かない。英語圏では膣内射精と肛内射精を併せて "Internal Cumshot" や "Creampie" などと呼び、後者は膣や肛門から精液が溢れ出す様子を指すのに用いられることもある[1][2]。 性風俗業界の「中出し」 性風俗業界(特にソープランド)ではコンドームを使わないという意味でNS(ノースキン)と呼ばれる。コンドームなし・膣内射精の「生入れ中出し」を略して、NN(もしくはND)とも「生中出し」(略して「生中」)とも言われる。 ソープランドでは、地域によってNNを含むNSサービス(以下NS)をする店を高級店と称し、他の原則コンドーム着用接客サービス店(S付き店:Sとはコンドームのこと)と区別している。その場合、高級店のサービスといえば、NSのことを指す。しかしながら、川崎堀の内のように、入浴料の高い高級店を含めてほとんどの店がS付き店という地域もある。また、接客担当のコンパニオン(姫)によって、S付きの姫とNSの姫が混同して所属している店もあり、その中でも広告等でわかるように公表している店と非公表の店がある。 S付き店でも、接客担当のコンパニオン(姫)が独自の判断でNSサービスを行うことがある。この場合、姫の好みや他の姫との差別化・競争意識、その場の惰性で行うことが多い。主に馴染みにしたい客に対して、数回目の接客の時に客もしくは姫の申し出により行い、その後の接客サービスはほぼNSサービスとなる。一見さんからNSサービスを許すことは、よほどのことがない限り難しい。この姫の独自判断でのNSサービスは、店に内緒で行っている場合と黙認されている場合、公認されている場合がある。公認されているのは、主に前述の混在店において、S付き嬢からNS嬢へ立場が公に変わる場合がそれにあたる。 漫画等での「中出し」 現実の人間が直接リスクを負う気遣いの無い成人向け漫画(あるいはアダルトゲーム、アニメ)においては、中出しは当初から主要なシチュエーションである。漫画表現につきものの誇張として、いかにも液体を注入しているような擬音と共に射精し、現実にありえない多量の精液が溢れ出す場面が描かれるのがセオリーである。 2000年代以後頃から、膣内で射精しているペニスを描く断面描写が一般的表現として定着した。

winny流出

「Winny」という名前は、開発当時に流行していたファイル交換ソフト「WinMX」の次を目指すという意味合いを込めて、"MX" というアルファベットを一つ進めた "WinNY" に由来する。そのことから「MX」同様「NY」と略されることもある。2002年5月6日に、電子掲示板サイト「2ちゃんねる」のダウンロードソフト板でベータ版が公開された。 開発・配布者は、元・東京大学大学院情報理工学系研究科助手の金子勇で、開発を宣言した掲示板のスレッドのレスポンス番号から、「47氏」と呼ばれることもある。なお、開発・配布者の金子勇は後に、著作権侵害行為幇助の疑いで逮捕されているが、無罪が確定している(詳細は違法性をめぐる出来事の節を参照)。2013年7月6日、急性心筋梗塞にて死去。 開発・配布者逮捕時のWinny最新版のバージョンは「Winny 2.0 Beta7.1」だが、このほかにもクラック版として開発・配布者非公認のバージョンが出回っている。 開発当初、Winny の匿名性は、著作権法・わいせつ物頒布罪・児童ポルノ規制法・個人情報保護法などに抵触する違法なファイル交換を行う場合に好都合なものであったため、利用者数は急速に拡大していった。 それに乗じて Winny で流通するファイルに Antinny などといったウイルスが仕組まれるようになり、それによってファイルをダウンロードした者の個人情報が Winny を媒体としてばらまかれるという問題を引き起こしている。このウイルスは亜種も数々出現し、必ずしもWinnyを感染媒体とせずネット上でも感染被害が及んでいる。 また2003年11月27日、著作権法違反(公衆送信権の侵害)容疑で Winny の利用者としては初めて、京都府警察ハイテク犯罪対策室によって松山市の無職少年(当時19歳)と群馬県高崎市の自営業男性(当時41歳)の2人を著作権法違反(公衆送信権の侵害)の容疑で逮捕された。松山市の無職少年は2003年9月11日から翌日にかけて、ゲームボーイアドバンス用の人気ソフト「スーパーマリオアドバンス」など26本のデータをネット上に公開して不特定多数がダウンロードできる状態にした容疑、群馬県高崎市の自営業男性は映画2本(「ビューティフル・マインド」「アンブレイカブル」)のデータをネット上に公開して不特定多数がダウンロードできる状態にした容疑がそれぞれにかけられていた。2004年3月5日に松山市の無職少年に懲役1年執行猶予3年の有罪判決、2004年11月30日に高崎市の自営業男性に懲役1年執行猶予3年の有罪判決がそれぞれ言い渡された。 2004年5月9日には、開発・配布者の金子勇もこの事件の著作権侵害行為を幇助した共犯の容疑を問われ逮捕された。このとき自宅と大学の研究室が家宅捜索を受け、証拠品として開発に使用されたノート型パソコンや Winny のソースコードが押収されている。 著作権侵害行為幇助の疑いに関わる裁判では公開・提供行為の方法が罪に問われており、技術開発の是非についてははっきり言及されていないが、これは「裁判所が判断を避けた」のではなく、どんな技術を開発しようとも、それを自分の頭に秘めておく限り、思想・良心の自由の範疇に含まれるので、技術開発の是非というものはそもそも論じる必要がないからである。その技術を何かに使用した時点で、使用法が問われるのであるから、法律論では、Winny開発・配布者が有罪になった件は技術開発には全く影響を与えないという考え方がある一方、ITPro誌には、「このような判決が出されたら,今後P2Pソフトの開発はできなくなってしまう」という意見もあり、社会的な影響は技術の使用法のみならず、技術の開発そのものにも及んでいる。 法的な問題の議論では 1.技術そのもの 2.技術を適用して配布・公開する行為 3.どのような意図・方法で配布・公開するか をはっきり区別しなければならない。 多くの法律家は3を問題にしているが、金子の弁護団の事務局長である弁護士の壇俊光は「誰かが、不特定多数の人が悪いことをするかもしれないとを知っていて、技術を提供した者は幇助なんだということを、裁判所が真っ向から認めてしまった。これは絶対変えなければならない。高速道路でみんなが速度違反をしていることを知っていたら、国土交通省の大臣は捕まるのか」とのコメントを出しており[6]、法律家の間でもこの件で統一的な見解があるのではない。 警察側は、逮捕の理由はソフトウェアの開発行為を理由としたものではなく、著作権法の違反を蔓延させようとした行為にあるとしているが、多くのメディアではソフトウェアを開発すること自体について、刑事事件として違法性が問われたものと認識され、日本では非常に稀なケースであると報じられた。

調教とは

調教(ちょうきょう、Training)とは、人間・動物に対して行われる訓練を指す。 もともと動物向けの言葉なので、人間に用いる場合は侮蔑的な揶揄を含んだ言葉になる。そのため調教という用語を用いずに、トレーニング、訓練という言葉を用いることが殆んどである。 かつて、行動主義心理学の立場においては、刺激と行動を制御しようという考えが盛んであった。そのため、信賞必罰を原則として、「施行者にとって良い反応であれば被訓練者に報償を与え、悪い反応であれば罰を与える」という古典的条件づけを行うことで人間の行動も制御できる、というS-R連合理論が生み出された。いわゆる躾も、経験則的にこの考えに基づいたものである。

記事一覧

お気に入りに追加

検索フォーム

プロフィール

Author:エロ動画王
レイプロリ&盗撮 ここは完全無料アダルトサイトギャル 素人無修正動画 · 女の子のトイレを覗き見する .· winny流出・素人による個人撮影等↓↓無修正エロおまんこ動画がもりだくさん

最新記事

月別アーカイブ

リンク

無修正サイト

アクセスランキングACR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
1416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
54位
アクセスランキングを見る>>

中出し=膣内射精

膣内射精(ちつないしゃせい)とは男女の性交において、男性が女性器の中(膣内)に射精することである。なお男性が陰茎にコンドームを被せたまま女性の膣内で射精しても膣内に精液は注入されないので、膣内射精とは言わない。

レイプとは

女性が同意なく男性から性行為を強いられることです。日本語にすると「強姦」となります。ちなみに日本の法律ではレイプ被害者は女性に限られ、男性が被害にあった時は強姦罪ではなく強制わいせつ罪が適用されます。ちなみにレイプされた被害者が第3者(知人・マスコミなど)にその事実を知られ精神的苦痛を受けることをセカンドレイプと言います。 強姦行為、婦女暴行の俗称。英語表記はrape

ユーザータグ

まんこ おまんこ 中出し 日本人 変態 美少女 素人 フェラ 近親相姦 母親 盗撮 無修正 エロ動画 レイプ 巨乳 射精 xvideo xvideo日本人 xvideos xvideos日本人 xvideo日本人盗撮 xvideos日本人盗撮 単体作品 XVIDEO 潮吹き ギャル パイパン 生ハメ おすすめ 人妻 パイズリ 熟女 HD ロリ 3P お姉さん 企画 Gカップ 120分以上 OL モデル 電マ 清楚 スレンダー 指マン コスプレ 無料,xvideo,fc2,無修正,盗撮,変態,無修正動画,xvideo 黒ギャル 美人 レズ マンコ 女子校生 好評です 美尻 無料 クンニ ハメ撮り 乱交 動画 ワレメ エロ 女優 強姦 女子高生 フェラチオ 放尿失禁 japan 野外露出 マニア 学生服 スリム 流出 がちレイプ アナル ナンパ 無修正動画 美女 美マン 最高 泥酔 2穴同時挿入 連続中出し 小坂めぐる 可愛い ツルマン 小学生 fc2 キャバ嬢 若妻 フードル お色気 有名女優 3P オナニー xvideos日本人盗撮日本人 日本人野外 日本人野外海外アニメアニメ 日本人素人美少女 日本人美少女 シックスナイン 学園もの 援交動画流出 アダルト動画 まんこ動画 レイプ動画 ライブチャット 個人撮影 レズキス ルーズソックス XVODEO 日本人フェラ美少女射精 日本人中出し剛毛 ぽっちゃり 拘束 RICA マングリ返し ナース べろチュウ   みずなれいな 制服 バック 日本人バイブフェチおもしろ系美少女変態 日本人美人アナルバイブフェチSM人妻 日本人アニメ 日本人レズ 日本人3Pバイブフェチ剛毛 動画. 風俗 激カワ ローション ランドセル 

検索順位チェックツール

SEOタグ

  • SEOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。